サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 坂上忍、収録を途中で放棄! 「日テレ嫌い」加速でフジテレビ“ベッタリシフト”に移行中
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

坂上忍、収録を途中で放棄! 「日テレ嫌い」加速でフジテレビ“ベッタリシフト”に移行中

+お気に入りに追加
1810_sakagami.jpg『偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方 (講談社+α新書)』(講談社)

 坂上忍がMCを務める新番組『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)が10月12日にスタートしたが、この件で、坂上は“日テレ出禁”になる恐れがあるという。

「内容だけでなくセットの雰囲気から出演者の配置まで、坂上も準レギュラーだった『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)と酷似していた。『坂上~』の放送時間は金曜22時で、『志村~』は土曜19時。そのため、“昨日やっていたはずじゃ?”と混乱する視聴者が続出しています」(テレビ誌ライター)

『志村~』で担当していた企画を放り出しての移籍には、日テレもさぞかし複雑な心境だろうが、坂上の“日テレ嫌い”は以前から有名だったという。

「今年9月に終了したフットボールアワーの後藤輝基がメイン司会を務める『得する人損する人』でも、いつまでもゲスト扱いされる待遇に不満を持ち、スタッフと衝突。しばらくして降板しています。後に別の番組で後藤と共演した際に、本人を目の前にして『僕、2回ぐらい帰ったことあります。後藤くんの番組で……』と収録途中で仕事を放棄して帰ったことを、あけすけに語っていました。また、今年の『24時間テレビ』ではウッチャンナンチャン・南原清隆と共にスペシャルサポーターを務めていますが、南原は『ヒルナンデス!』、坂上は『バイキング』と真裏でMCを務めるライバル同士。そのため、坂上が『(南原と)同じ枠で映さないように』と言い出し、スタッフとひと悶着あったと聞いています。坂上からすれば、日テレの4倍近いギャラを払ってくれるフジがもっとも大事な局。残る『有吉ゼミ』も早晩降りるのではないでしょうか」(テレビ関係者)

「得する局」にしか出演したくないのが、坂上の本音だろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号