サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 爆笑問題・太田光の「裏口入学裁判」開廷……“超強気”の裏に辻仁成の助言あった
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

爆笑問題・太田光の「裏口入学裁判」開廷…“超強気”の裏に辻仁成の助言あった

+お気に入りに追加
1810_ota.jpg『違和感』(扶桑社)

 ここまで強気な姿勢を見せる裏には、いったい何があったのか。

 爆笑問題の太田光が、「週刊新潮」(新潮社)に、日大芸術学部に裏口入学したとの虚偽記事を掲載され、名誉を毀損されたとして、発行元の新潮社に約3,300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10月9日、東京地裁(沖中康人裁判長)で開かれ、新潮社は請求棄却を求めた。

「訴状では『記事の内容は全くの事実無根で、タレント活動に支障をきたす』と主張。慰謝料1,000万円と、中吊り広告に爆笑問題の写真を掲載したことがパブリシティー権の侵害に当たり、2,000万円の損害が生じたと主張しています。太田側の弁護士は『太田さんからは徹底的に闘ってほしいと言われた』と話しており、和解に向かう空気はありません」(芸能記者)

 こうした太田サイドの態度には理由があるようだ。出版関係者が明かす。

「太田の所属事務所『タイタン』には、作家の辻仁成氏も名を連ねています。当然、辻氏は出版関係者とのパイプを持っており、そのルートから『新潮』のネタ元が信頼できないかなり“怪しい人物”であることを突き止めたといいます。その話が太田サイドに伝わり、絶対に勝てると踏んだのでしょう。実際、新潮サイドは完全に白旗を上げているといい、裁判が進めばいい加減なネタ元を信じて記事にしたことがバレ、かなりマズいことになるかもしれません」

 新潮社といえば、LGBTを論じた寄稿文に批判が集まり、月刊誌「新潮45」が休刊になったばかり。寄稿する作家や学者、翻訳者たちが次々と「絶縁宣言」を突きつけ、同社の本を扱わない書店が続出する事態となっているだけに、加えて太田裁判に敗訴すれば、さらなる信用失墜となりそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』