サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 松本人志のAmazonプライム『FREEZE』で、鈴木奈々の“パンモロ”事故!
1810_freeze.jpg『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』(YD Creation)

 地上波ではできない試みをしてほしかった?

 10月3日、ダウンタウン・松本人志によるバラエティ番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』(Amazonプライム・ビデオ)のエピソード3が公開された。同番組は、“動いたら負け”というルールのもと、出演者がさまざまな仕掛けにリアクションをせずに耐え続けるというもの。

「“氷の塔”と称される殺風景な空間に、整然と椅子が並び、出演者はそこに座っている状態で、『フリーズ』と言われたら動きを止める。『リリース』と言われたら、笑うなり立ち上がるなり、動き出していい。松本がMCをやっていることで、お笑い番組のつもりで観る人が多いと思いますが、純粋なお笑いではなくドッキリに近い番組ですね」(芸能ライター)

 今回まで勝ち残ったのは、ダイアモンド☆ユカイ、ボビー・オロゴン、鈴木奈々、諸星和己の4人。1回目の「フリーズ」では大量のヘビが投入されたのだが、そこで“ハプニング”が起きたという。

「ヘビに驚いた鈴木が恐怖に耐えきれず、両膝を曲げたM字開脚に近い状態で足を上げたのです。鈴木の衣装はスカートだったため、中身が丸見えになった。しかし、パンツの部分がタイトルロゴで隠す編集がされていたため、視聴者の不満が爆発。ネット上では『地上波でなくネット配信なんだから隠すな』『なんでそのシーンを“フリーズ”しないんだ』『スタッフだけ楽しむとかありえない』『もしかして中身まで見えた?』といった声が飛び交いました」(同)

 松本は「笑いというのは、“緊張”と“緩和”から生まれるものだ」と語っていたが、これこそまさにその瞬間。お宝映像を視聴者に“リリース”してもよかったのでは?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』