サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > りゅうちぇる“タトゥー騒動”払しょくのためには、はB’z級の大物になるしかない!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

りゅうちぇる“タトゥー騒動”払しょくのためには、B’z級の大物になるしかない!?

+お気に入りに追加

1808_ryuchel.jpg

 両肩に妻と子どもの名前を刻んだタトゥーを披露したことで、一部から批判を受けたりゅうちぇるが、8月24日のインスタグラムで騒動を心配するファンに「めちゃくちゃ元気です」とアピールした。

「結婚して子どもができたら、家族の名前を身体に刻もうと3年前から決めていたそうです。しかし、ネット上では嫌悪感むき出しのコメントが連打される事態に。その声に対してタレントを含めて擁護派も少なからずいて、大きな議論となっています。タトゥーを入れること自体は本人の自由ですが、わざわざ公言してそれが広く知れ渡ったことで、仕事には少なからず影響が出そうな雲行きです」(芸能ライター)

 テレビで子育てエピソードを披露するなど、“パパタレ”としての需要が激増しつつあったりゅうちぇるだが、世間からの強い拒否反応は、キャスティング担当者たちも無視できない状況になってきているようだ。

「もっとも敏感なのが広告業界です。りゅうちぇるは過去に『リクルート』や『メルカリ』のCMに出演しており、今後はファミリー向け商品のCMでの起用も検討されていたようです。またテレビについても、スポンサーが恐れるのは視聴者からの抗議や苦情。今や不倫したタレントをつかっただけで一日に何百件ものクレームが来る時代ですから、しばらくはりゅうちぇるの起用を控える動きが出てくるかもしれません」(芸能関係者)

 しかし、芸能界には安室奈美恵、浜崎あゆみ、EXILE・TAKAHIROやATSUSHI、ディーン・フジオカなど、タトゥーを入れているタレントは大勢いる。

「多いのはミュージシャンですね。B’zの稲葉浩志やEXILE・ATSUSHIはタトゥーを放送で見せていますが、一方で安室が2002年の『NHK紅白歌合戦』に出場した際には左肩のタトゥーに視聴者からの苦情が殺到。昨年の出演ではタトゥーは消えていました。また、ディーンや野性爆弾のくっきーは出演時にテーピングして隠していますし、酒井法子も消したことを明かすなど、やはり芸能活動にまったく支障がないわけではない。とりわけ、若者からの支持でブレイクしたりゅうちぇるに関しては、ミュージシャンや大物タレント以上に問題視されることが予想されます。所属事務所もりゅうちぇるが稼ぎ頭なだけに、正直、頭を抱えているのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 人気商売の芸能界。りゅうちぇるが世間を黙らせるには、稲葉やATSUSHI級の大物になるしかない?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』