サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > NEWS小山慶一郎が「あざとすぎ!」ボランティア活動の写真拡散は計算どおりだった?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

NEWS小山慶一郎が「あざとすぎ!」ボランティア活動の写真拡散は計算どおりだった?

+お気に入りに追加

1807_koyama.jpg

 世間から「あざといアピール」と受け取られてしまっているようだ。

 未成年飲酒騒動により、6月7日からレギュラー出演する報道番組『news every.』(日本テレビ系)の出演を自粛しているNEWS・小山慶一郎が、西日本豪雨の被害に見舞われた広島県でボランティア活動を行っていたことが、一般人のツイッター投稿で明らかとなった。

「東京・味の素スタジアムで行われたNEWSの結成15周年記念ライブを終えた小山は、その2日後の8月14日に広島でボランティアに参加。その様子を写真に収めた投稿が相次いでいます。それを見ると、小山は麦わら帽子にノースリーブシャツといういで立ちでシャベルを持ち、黙々と作業している。小山が訪れたのは広島県坂町で、『一番大変なボランティア場所を教えてほしい』と志願して、同地を訪れていたとのことです」(芸能ライター)

 小山は一時芸能活動を自粛するも、わずか20日間で復帰。しかし、キャスターを務めていた『news every.』には、いまだ復帰できていない。

「年間億単位のギャラが入るわけですから、ジャニーズとしては一刻も早く小山を復帰させたい。しかし、報道幹部は頑なにこれを拒否。もはや彼がニュースを読んでも信憑性がないため、このまま降板させたいのが番組サイドの本音です。小山も当然その空気を察知しており、今回のボランティアは好感度を上げるためのアピールだとうがった見方をする人も多い。ジャニーズのタレントはふだん写真撮影は絶対にNGなのに、今回に限ってなぜかバシバシ撮らせていたのはツイッターで拡散されることを期待してのことだったのでしょう」(週刊誌記者)

 ボランティア自体は立派な行動だが、小山が日テレや視聴者に報道復帰を認めてもらうには、いま話題の尾畠春夫さん級のスーパーボランティア活動が求められる?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載