サイゾーpremium  > インタビュー  > 【般若】──俳優業もこなす孤高のMC、武道館に立つ
インタビュー
愛溢れるMC、武道館公演への思いを語る

【般若】俳優業も軌道に乗せる孤高のMCは、念願の武道館公演に向けて、何を思う――

+お気に入りに追加

――ソロMCとして確固たる地位を築き、『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)のラスボスとして、瞬く間に広く知れ渡る存在となった般若。稀代の実直な男による熱き思いに耳を傾ける。

1806_N1_3544_CMYK_520.jpg
(写真/西田周平)

 通算10枚目となるアルバム『話半分』を4月1日にリリースした般若。さらに、彼のひとつの夢でもあった初の武道館公演を、エイプリルフールである同日に発表するというのも般若らしい。しかし、彼いわく『話半分』の残り半分は、“嘘”ではなく“行動”であるという。

「まがりなりにもアルバムを10枚出してきているし、来年には武道館でのワンマンも控えている。だから、あとの半分は自分の行動でしかない」

 立場上、どうしても日本のヒップホップシーンを代表する存在として語られることの多い般若であるが、『話半分』はそのヒップホップへのこだわりを捨てることで生まれたものでもあるようだ。

「もちろんヒップホップは好きだけど、俺がヒップホップかそうじゃないかっていうのは、受け手が判断することであって、正直俺はどうでもいい。今回は、自分が作りたい音楽を忠実に形にしたという感じです」

 これまでで一番「般若」という人間性が出ていると話す今作は、現時点での彼の最高傑作であることは間違いないだろう。先行シングル「生きる」を筆頭に、アルバムではさまざまな形で“生”が描かれている。

「究極をいうと、死生観しか出していない。昔から、生きることと死ぬことばかり考えちゃうんですよ。遅かれ早かれ、人は人の死に必ず触れる。俺も40年近く生きてるんで、そういうのはたくさん経験してきてますから」

 生と死、そしてもうひとつ大きなテーマが“愛”だ。自らの子どもに向けた「家訓」など、家族や仲間を想う大きな愛が溢れている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』