サイゾーpremium  > インタビュー  > 【想田和弘】「観察映画」に託した未来
インタビュー
ドキュメンタリーの極致を撮る監督

【想田和弘】「この映画は遠い未来に託したタイムカプセルかもしれない……」

+お気に入りに追加

――テロップなし、ナレーションなし、音楽なし、事前のリサーチ一切なし。ドキュメンタリーの極北「観察映画」の監督による新作は、漁師のいる消えゆく情景をモノクロ映像に封じ込めた『港町』。

1805_ZEKP-001_hosei_520.jpg
(写真/田附勝)

 小さな釣り舟で、何十年も同じように魚を捕り続ける、ひとりの老いた漁師。漁が金銭的に割に合わなくなってきたと波に揺れるような声でつぶやくその独白を、監督は手持ちカメラで撮影し続ける。世界的な評価を受けるドキュメンタリー作家、想田和弘監督による「観察映画」の第7弾『港町』が、現在公開中だ。

「この作品の被写体である漁師“ワイちゃん”は、前作の『牡蠣工場』の舞台である岡山県牛窓の住民。『牡蠣工場』用の風景ショットを撮ろうと歩いていたら、偶然出会いました。その彼を追っているうちに、興味深いシーンが次々と現れてきた。編集を始めてすぐに、これは独立した別の映画にしたほうがいいと確信しました」

 想田監督が自ら掲げる「観察映画十戒」には、「被写体や題材に関するリサーチは行わない」という大原則がある。映画のテーマも事前に設定することはない。

『港町』では、カメラは老漁師のワイちゃんが捕った魚を追っていく。魚は市場から鮮魚店に運ばれて住民のもとに届けられ、あまったアラは猫の餌になる。監督がただ面白いと思うものを撮り続けた結果、現れた映像だ。

「そこに現れているのは、太古の昔から営まれてきた原初的な経済の形。ただ映像の持つ意味は、撮っている間はわからない。編集しているうちに、こういう映画だったのかと気づくんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』