サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > アノ国民栄誉賞女性の“全裸”を撮影したのは「佐々木蔵之介」だった?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

アノ国民栄誉賞女性の“全裸”を撮影したのは「佐々木蔵之介」だった?

+お気に入りに追加
1801_maruyama.jpg『逆転力~マイナスをプラスにかえる力』(宝島社)

 ピッチを去った後は“ビッチ”に!? サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の一員として2011年女子W杯を制覇し、国民栄誉賞を受けたこともある丸山桂里奈が、お色気路線を突っ走っている。

 1月25日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、「ぶっちゃけ元カレ話」と題して丸山の過去発言が取り上げられたのだが、その衝撃的なトークに、ネット上が騒然となっている。

「番組で丸山は、『役者・芸人・アスリートと付き合ったことがある』『8股をかけられていた』と赤裸々告白。そればかりか『元カレ全員、私のマッパ写真を持っている』と爆弾発言を投下し、スタジオをザワつかせました。今のところ誰からも流出していないようですが、彼女の性格なら、ヌードだけでなくハメ撮りまでありそうです」(テレビ誌記者)

 丸山といえば、これまでにも元カレネタや過去の恋愛エピソードをぶちまけてきてきた。そのひとつとして、「週刊アサヒ芸能」(17年1月25日号)のテリー伊藤対談に登場した際には、「私、今までつきあった人、34歳で8人ぐらいです」と明かしている。となると、最低でも8人が丸山の全裸を撮影していたことになるが……。

「丸山がメディアで告白した相手はJリーガーやサッカーの代理人、ミュージシャンがいるが、他にもプロ野球選手の中島裕之との交際がウワサされたことも。そんな中、今回、丸山が番組で話した『大物俳優』に注目が集まりました」(芸能ライター)

 ネット上では、すぐにその俳優の予想祭りが始まったが、最有力とされているのが佐々木蔵之介だという。

「丸山は昨年11月に出演したバラエティ番組『良かれと思って!』(フジテレビ系)で、過去に交際した大物俳優が“1晩4回”もカラダを求めてくる男だったと明かしています。実は、14年に佐々木が写真誌『フライデー』(講談社)に女性薬剤師との熱愛をスッパ抜かれたときに、薬剤師は友人に『1晩で4回も求めてくるの』と語っていたと証言していたのが、その根拠。また、丸山は過去に佐々木の大ファンであることを公言し、彼のディナーショーにファンとして参加したとSNSに投稿したことも。今となっては、それが壮大な“匂わせ”だったようにも思え、ネット民が『佐々木が丸山の全裸写真を持っているのでは』と盛り上がっています」(芸能記者)

 かつて、「立ちションベンもできんようになる」として国民栄誉賞を辞退したのは、“世界の盗塁王”福本豊だった。丸山も受賞したからには、下品な下半身話はほどほどにしたほうがいいように思うが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』