サイゾーpremium  > インタビュー  > 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
インタビュー
元祖おしゃれ系バンドの今

【CASCADE】「再結成してからのほうが、活動期間は長いんですよ」――過去の思い出で新たなファンを得たバンド

+お気に入りに追加

 音楽番組が今よりもたくさんあった90年代後半から00年代前半にかけて、ひときわ異彩を放っていたCASCADE。もう、解散してしまったんだろうな……と思ったら、実は今も精力的に活動中!?

1711_CASCADE_DSC3073_CMYK_520.jpg
(写真/永峰拓也)

CASCADEを覚えているだろうか? 1995年、バンドオーディション番組『えびす温泉』(テレビ朝日系)への出演をきっかけにデビューした、あどけないボーカル、ポップなデジタルサウンド、そしてナンセンスな歌詞を引っ提げた奇怪なバンドだ。『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)や『学校の怪談』(フジテレビ系)といった、人気のアニメやバラエティ番組にエンディング曲を提供して話題になるものの、バンドは人気絶頂の02年に活動を休止。以降、メンバーはそれぞれのソロ活動に入っていくが、09年に突然復活。CASCADEは今も健在なのだ。

――自分もそうだったのですが、再結成を知らない人も多いかと思います。

TAMA(以下、T) よく「いつの間に再結成してたの?」とは言われますね(笑)。

HIROSHI(以下、H) 実は再結成してからのほうが、活動期間は長いんですよ。

――02年の活動休止の理由は、なんだったのでしょう? よくある方向性の違いでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載