サイゾーpremium  > 連載  > 法“痴”国家ニッポン  > 河合幹雄の法痴国家ニッポン【58】/【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
連載
河合幹雄の法痴国家ニッポン【58】

国家とヤクザ者が交錯する!金塊事件に見る、「警備会社」の歴史

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

金塊強奪事件が多発

1708_01gokukaisetu_200.jpg

2017年4月、福岡市内で、貴金属店勤務の男性が、金塊の買いつけ資金として銀行から引き出した3億8400万円を強奪される事件が発生。 福岡県警は、福岡空港で多額の現金を持った韓国人の男らを確保したが、取り調べの結果、直接の関係はなしと判明した。ほかにも17年6月に東京都中央区で多額の金塊が盗まれるなど、金塊絡みの事件が多発している。


「2016年7月、福岡市で男性らが7億6000万円相当の金塊を盗まれる」「2017年4月、福岡市で男性が金塊の買いつけ資金3億8400万円を奪われる」「2017年4月、金塊密輸を目的に福岡空港から現金7億3500万円を国外に持ち出そうとした疑いで韓国人4人を逮捕」

 近年、福岡市を中心に多発している金塊絡みの事件。無税の外国で買った金塊を国内に密輸するといった非合法な目的があるならともかく、なぜその道のプロである警備会社に運搬と警備を頼まなかったのか、と思わずにいられないケースも散見されます。いろいろ事情はあるのでしょうが、ともかくも他者に任せられず、個人で運ばざるを得なかったということ。まさにその事実が、“貴重品を運搬・警備する”という、秘密裏に行ってこそ意味のある行為が内包するある種の胡散臭さと、そこにひとつの要因があるであろう警備会社という存在の近づきがたさを象徴している気がします。

 そこで今回は、金塊強奪事件と直接の関係はないものの、それによって図らずも一般からの距離があらわになった“警備”なる行為、もしくは“警備会社”とはそもそもいかなるものであるかを分析してみたい。それらの歴史をひもとくことによって、施設・雑踏の警備業務を主体とする現代の警備ビジネスが、実はこの半世紀間に成立したきわめて新しいものであり、むしろ日の当たらない仕事であり続けた貴重品運搬こそ、この巨大ビジネスの“原点”であることが明らかになるのです。

 まずは前提として、1972年に制定された警備業法において、警備会社の業務がどのように分類されているかを解説しておきましょう。同法では、さまざまな施設の巡回・保安を「第一号警備業務」、交通誘導・雑踏警備を「第二号警備業務」、貴重品運搬警備を「第三号警備業務」、いわゆるボディガードを「第四号警備業務」と規定しています。ここで対照的なのが、各業務に携わる警備業者の数です。一号と二号のサービスを提供しているのが、警備会社総数約9300社のうちの7000社近くに上るのに対し、三号と四号に関しては600~700社と10分の1程度にとどまっている。CMなどの影響もあり、警備会社と聞いて一般の人が真っ先に思い浮かべるのもおそらく一号と二号のほうでしょうが、実際のビジネス規模としてもそちらが圧倒的に大きくなっているわけです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』