サイゾーpremium  > 連載  > 林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」  >  林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」/門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【27】

15年続けてきて情報漏れなし!門外不出のトークショーで見せた【名倉潤】のテレビへの愛

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

『名倉の舌』

1708_hayashi_200.jpg

人物:名倉潤 日時場所:2017年6月25日 @表参道GROUND

“絶対にテレビでは観ることのできないトークライブ”として、ネプチューン名倉潤が15年近く続けているライフワーク。これまで一切内容が外に漏れなかった、そのトークとは!?


会場にこんな張り紙があった。

「『名倉の舌』にご来場頂きまして、誠にありがとうございます。本公演はテレビでは話せないような内容が飛び出すことがございます。今後のライブで話せる内容が限られてしまいますので、SNSやブログ等での情報公開やライブレポートはお控え頂きますようご協力お願い申し上げます」

 ネプチューン・名倉潤が2003年からスタートさせ、月に1回のペースで15年も続いている、いわば彼のライフワークともいえるトークライブが『名倉の舌』だ。収益金はチャリティに使われており、最近は熊本地震の被災者のために役立てているようだ。

 それにしても困った。「ライブレポートは控えてほしい」と入場時に念を押されてしまったからだ。もちろん、そう言われるのであれば、マナーとしてライブの内容を書くようなことはしない。本連載はトークについて考えるのがメインであるから、今回はそのトーク内容には触れず、名倉さんのトークだけを分析してみることにしよう。かなり厄介な状況ではあるが、逆にいうとトーク内容に触れられない代わりに、純粋なトークそのものが浮かび上がるかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』