サイゾーpremium  > 連載  > 精神異学~忘れられた治療法~【1】/全てはリビドーのせい⁉︎ 【精神分析】の凋落
連載
精神異学~忘れられた治療法~【1】

【精神科医・岩波明】すべては“リビドー”のせい――「精神分析」の凋落

+お気に入りに追加

[語句解説]

1707_Freud_250.jpg

20世紀初頭にジクムント・フロイトが提唱した理論。人の精神活動はリビドー(性的衝動)を根本原理としており、精神の病も、その阻害によって生じるとする。患者を長時間「カウンセリング」することが必要であり、伊地知は人間の精神活動を解明する大理論として精神医学のみならず文学の世界までも席巻したが、その“効果”には疑問が付されることも多く、効果的な薬物の開発などもあり、1970年以降、急速に廃れた。


 こんにちは、私は岩波明という精神科医です。精神科というのはほかの医療分野に比べまだ未解明な部分も多く、いまでは完全に否定された治療法が、少し前まで普通に医療現場で利用されていたといったことも珍しくありません。しかし一方で「新型うつ」や「発達障害」といった言葉がメディアを賑わすなど、昨今、精神医学への注目度はますます上がっているようです。そこでこの連載においては、過去に「流行」した精神疾患に対する治療法を取り上げ、それがどうして廃れてしまったのか、いわば精神医学のダークな「歴史」について述べていきたいと思っています。

 初回のテーマは「精神分析」。精神医学の治療法といえば、いまだにフロイトの創設したこの精神分析を思い浮かべる人が多いかもしれません。患者はベッドに横たわり、自らの話を語る。その傍らには、精神科医が重々しい雰囲気で座って傾聴している。これが精神分析のオリジナルな治療風景です。最近のテレビドラマでも、日本テレビの『Dr.倫太郎』において、堺正人が演じる主人公の精神科医・日野倫太郎が、こうしたスタイルで治療を行っていました。

 精神分析において、患者は自分の精神的・身体的な症状について述べながら、自らの「ヒストリー」についても語ります。それは複雑な家族関係であったり、こじれた異性問題であったりします。治療者はそうした患者の話を聞き続けるわけですが、具体的なアドバイスをしようとはしません。対話の中で患者は、自由連想や夢などを頼りにして、次第に自らの幼児期の侵襲的な体験(トラウマ、心的外傷)にさかのぼっていきます。精神分析の理論では、このような過程の中で、患者は自らの内面で抑圧された感情(葛藤)を認識することができるようになり、この「洞察」という現象が症状の改善や治癒につながるとされています。正しい洞察を得ることによって、患者は自らの症状の象徴的な意味を自覚し、さまざまな精神的な症状を乗り越えていくことができる、というのが精神分析の理論なのです。

 このような精神分析の治療について、フロイトの症例について具体的に紹介してみましょうか。症例は、エリザベート・フォン・Rという24歳の「神経症」の女性。彼女はハンガリーに所領を持つ地主の娘で、知的で活動的な女性でしたが、2年前から両側の足の痛みと歩行障害を訴えていました。フロイトはエリザベートの症状について、身体的な異常は見られないため、心因性のものと診断しました。エリザベートには2人の姉がいましたが、相次いで結婚したばかりでした。ところが同時期に、彼女を可愛がっていた父親が病の床に就き、やがて亡くなります。その後母親の病気もあり、エリザベートはつらい毎日を送りましたが、父の死後から2年後にようやく安定した生活に戻ることができた。ところが、彼女の症状はこのときに始まります。治療の中でフロイトは、エリザベートが幸福な結婚生活を送っている次姉夫婦に羨望の気持ちを持っていることを見い出し、さらに彼女は、義兄に秘密の恋愛感情を抱いていることを述べるに至ります。彼女の症状はしばらく続いていましたが、数年後に次姉が急死したときに突然消え去りました。フロイトはこの経過について、エリザベートは義兄に対する恋愛感情を道徳的に許されないものとして「抑圧」し、それが身体的な症状に転換したと説明しました。

 このエリザベートのように、明確な原因がないにもかかわらず身体的異常を訴える症例は当時、「ヒステリー」と診断されていました(現在の日常用語の「ヒステリー」とは異なります)。現在の診断基準でいえばこれは、「転換」あるいは「解離性障害」などと呼ばれるものでしょう。フロイトの時代、このような症状の患者は多く見られ、「足が動かない」「目が見えない」など多様な症状を訴えていました。精神分析の主な対象は、こうしたヒステリーの患者だったのです。もちろん現在でも当時のヒステリーに相当するような患者は存在しますが、フロイトの時代に見られたような典型的なケースは減少しています。これは、19世紀の社会で見られた「道徳」や「タブー」が、現在では力を失ったことが原因ではないかと考えられます。

 さて、さらにフロイトは、人の行動原理は本能的な「性的欲望(リビドー)」に支配されていると説明。彼はこの「性欲一元論」に基づき、ヒトの人格の構造や精神の発達段階などについて、独自の理論を提唱します。当時の医学界はフロイトのこの理論(力動心理学)について、無視するか激しい嫌悪を示しました。ところが逆に在野の医師からは、「心の秘密」を明らかにするものとして熱狂的に迎え入れられ、人文科学の分野においても理論的な支柱として取り入れられたりしていきます。精神疾患に対する治療法が確立していなかったこともあり、治療現場において精神分析が席巻。ついには、他の神経症(不安障害など)や統合失調症、パーソナリティー障害までもが治療対象とされていきました。

 ところが、こうした精神分析の栄光は、短期間しか続きませんでした。1960年代より画期的な新薬が多数発見され、薬物療法こそが精神科治療の主流となっていきます。それと共に精神分析のポジションは凋落、多くの精神分析医は転向していくこととなったのです。古典的な精神分析では、連日にわたり、1回1時間あまりの「治療」を数年にわたって続けることを原則としています。これに対し、薬物療法の効果は迅速。精神分析が主な治療対象とした神経症に対する薬物療法の有効性は高く、数日のうちに症状の改善が見られるケースも珍しいことではありません。精神分析によれば、精神疾患のさまざまな症状は小児期の外傷的な体験(トラウマ)などによる精神的な葛藤が表れたものとされていましたから、化学物質によって精神症状が簡単に改善してしまうことは、衝撃的な事実だったわけです。

 先述した通り、精神分析が広く受け入れられた理由として、「性的衝動」というこれまでタブーであった事象をヒトの精神現象における重要な要素として取り上げたことが挙げられるでしょう。しかしそれ以上に忘れてはならないのは、フロイトの理論が、人の精神の秘密をすべて解き明かしたかのように、整然と、自信満々に展開されていたこと。そこにこそ、多くの人が魅了されたのです。文芸時評など人文科学の領域においてはいまだに精神分析が陰然たる力を持っているのも、同様の理由によります。文学の批評家にとっても哲学者にとっても、精神分析は利用しやすくお手軽なツールです。「エディプス・コンプレックス」や「幼児期のトラウマ」などの概念を持ち出せば、さまざまな精神現象をもっともらしく説明できるわけで、なればこそ「エセ精神分析」はいまだに重宝されているわけです。

 しかし、むしろ治療の現場では、「性」は重大な問題となりました。精神分析の治療では、濃厚な治療者と患者の人間関係が長期にわたって継続します。患者は自らの「心の秘密」について治療者に話をするわけで、両者の間には特別な関係が生じやすい。この関係は恋愛に近いものがあり、これを「転移」と呼びます。濃密な治療関係は転移の現象をもたらし、多くの悲劇が生まれました。精神分析の発展に協力したユングには、有名なスキャンダルがあります。後に精神分析家となったザビーナ・シュピールラインは、10代後半から神経症の患者としてユングの治療を受けていました。と同時に彼女は、既婚者であったユングの恋人になってしまう。シュピールラインの精神状態は不安定なままで、彼女を誘惑したユング自身も混乱した状態に陥ります。しかし、2人の別れは突然訪れました。シュピールラインが公の場で「私はユング博士の愛人」と名乗る事件が起きます。スキャンダルを恐れたユングは、手のひらを返したように冷たい態度に。シュピールラインは激昂しユングをナイフで切りつけさえしましたが、やがて静かに別れを選んだのでした。

 現在、臨床の現場では、精神分析は治療法として完全に無用なものと見なされています。精神分析の専門家でさえ、精神疾患の治療には役立たないと明言しているほど。それどころか、精神分析的な治療を行うことによって、患者の症状を新たに作り出し悪化させることも珍しくことではありません。精神分析は長大な理論と多くの新奇な概念を生み出してきましたが、これらの大部分に科学的、あるいは医学的な裏付けやエビデンスは存在していないのです。

岩波 明(いわなみ・あきら)
1959年、神奈川県生まれ。精神科医。東京大学医学部卒。都立松沢病院をはじめ多くの精神科医療機関で診療に当たり、現在、昭和大学医学部精神医学講座教授にして、昭和大学附属烏山病院の院長も兼務。近著に『発達障害』(文春新書)などがあり、精神科医療における現場の実態や問題点を発信し続けている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ