サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 目玉カード続々変更で“延命”に必死な格闘技イベント・RIZIN
1612_rizin.jpg
フジテレビRIZIN放送ページより

 12月29日と31日にさいたまスーパーアリーナで開催される格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND」の会見が22日に都内で行われ、ギャビ・ガルシアと対戦が決まっていた女子プロレスラーの神取忍が負傷欠場、代役として同じく女子プロレスラーの堀田祐美子が緊急参戦することが発表された。

 神取は16日の練習中に肋骨を骨折。強行出場を訴えたが、ドクターストップがかかって欠場が決定。会見で神取は「関係者の方々に本当に申し訳なく思います」と涙ながらに無念さをにじませたというが、これで目玉級の選手3人が相次いで欠場となってしまった。

「すでに無差別級トーナメントでミルコ・クロコップとの対戦が決まっていたヴァンダレイ・シウバ、元UFCへビー級王者シェーン・カーウィンが欠場を発表。PRIDEでも激闘を繰り広げたミルコVSシウバは今回の目玉中の目玉のカードだった。そのカードがなくなって盛り下がる中で、一時期は参院議員もつとめた、知名度が抜群の神取のカードが目玉の1つとなっていた。相手のギャビは異様なマッスルボディーで寝技の技術はかなりのものだが、神取が挑むとなれば番狂わせが期待できた。しかし、神取よりも格落ちの堀田ならば、このカードはすでに勝負は見えた感じでまったく盛り上がらない」(格闘技ライター)

 ここ数年、すっかり視聴率が低迷しているフジテレビだが、昨年おおみそかは『RIZIN』を放送05年の『PRIDE』以来10年ぶりの格闘技イベント放送となったが、視聴率は午後7時からが5.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、同8時45分からが7.3%、午後10時半からが3.7%と低迷。昨年は同29日に行われたイベントの模様も当日放送したが、今年は29日とおおみそかの模様をおおみそかの午後6時から11時45分まで放送することになった。

「フジとしては、SMAPがおおみそかで解散することから、解散特番放送のわずかな可能性にかけ枠を空けていたが特番の放送はかなわず。仕方なく昨年に続いてRIZINを放送することにした。しかし、一般の視聴者が興味を抱くような目玉カードは少なく、昨年の視聴率を下回るのは避けられない状況。それでも、RIZINサイドからしたら、来年以降のイベントの“延命”のためにも目玉カードを連発するのも損なので、シウバらの欠場をすんなり受け入れたようだ」(フジテレビ関係者)

 地上波で放送されているRIZINですらこの状況だから、かつての格闘技ブームが再燃することはなさそうだ。 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』