サイゾーpremium  > 連載  > ビートたけしの「女と男は両成敗」  > 【ビートたけし不定期連載】アメリカ大統領がトランプになったら、いいことたくさんあるぜ

――ビートたけしが、話題の人物たちを、斬って、アジって、愛を喰らわせる不定期連載。いい加減なのに的を射る。これこそ、われわれが求めている“たけしイズム”だ !!

1606takeshi01.jpg

 ピースの綾部祐二が来年の4月からニューヨークに拠点を移すんだってね。まあ相方が芥川賞を取っちゃったから、漫才もコントもやりづらいだろうね。「文学の人」みたいなイメージが付いちゃって、綾部が取り残された感じがしちゃうからね。

 それでアメリカに行くのはいいんだけど、ある程度英語ができなきゃどうにもならないだろ? 向こうでいちばん成功するのが難しいのがコメディアンに決まってんのに、何を考えてんだろう。エディ・マーフィみたいにコメディアンで成功してから、ハリウッドなんてこと考えているらしいけど、最初から役者をやったほうが全然ラクだよ。

 アメリカは移民の文化だから、笑いを表現するにも、あらゆる人たちのことを知っとかないとダメだし。自分がどこでどう育ったかってことを説明するにも、英語でしか表現できないニュアンスがいっぱいあるから。日本語における「わび、さび」と同じだよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ