サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > アノ女優が初監督を務める映画に早くも立ち込める暗雲とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

アノ女優が初監督を務める映画に早くも立ち込める暗雲とは?

+お気に入りに追加
160506_iyanaonna.jpg
「嫌な女」公式HPより

 映画「嫌な女」が公開前から注目を集めている。女優の黒木瞳の初監督作品というだけでなく、吉田羊と木村佳乃のダブル主演と豪華なキャストも話題だが、ここにきて配給の松竹をはじめ、映画関係者が頭を悩ませているという。

「6月の公開前にこれからテレビや雑誌媒体他でプロモーションが詰まっていますが、吉田羊の熱愛スキャンダルのせいで宣伝スケジュールの調整をすることになりそうなんです。木村の夫である少年隊の東山紀之とHey!Say!JUMPの中島裕翔は事務所の後輩というだけでなく、共演歴もあり親しい間柄。それだけに今回の騒動で木村も吉田に対して微妙な思いを抱いているようで、周囲も吉田とのツーショットをどうするか気を揉んでいます」(映画関係者)

 映画は昨年秋にはクランクアップしているが吉田と木村は現場でもバトルを繰り広げていたという。

「2人の殴り合いや取っ組みシーンが映画の大きな見どころ。それだけに普段から2人は合えて接触を避け、目も合わさず言葉を交わすことも少なく、現場は緊張感に包まれていました。女優同士のプライドのぶつかり合いもあるのか、『ホントにソリが合わないんじゃないの?』なんてスタッフも冗談めかして陰口を叩くほどでした。現場では黒木さんが仕切ってましたが、久しぶりの再会でどうなるやら、今から心配です」(前出)

 映画の内容より2人の仲が気になる人も多いかも!?


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ