サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 菊地亜美が小島瑠璃子の「強制ワイセツ被害」を暴露!?
1512kojiruris.jpg
『こじるりっ!』(集英社)

 11月25日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)での菊地亜美の発言がいまだに波紋を広げている。

 番組では「最近仰天した話」というテーマでトークを展開。菊地は今年の夏に、友達と香港のマッサージ店に行った際に、上半身裸で下半身は紙パンツ姿で男性からの施術を受けたエピソードを得意気にこう披露した。

「友達と隣同士の個室にいて、簡単な個室だから(会話が)聞こえて、私は足をやってもらってて。スゴい上手いねこの人、気持ちいいね~って言ってたら、 その友達は胸をバ~って揉まれてたらしくて」

「(友達に)最高だよ~、すごい上手いこの人って言ってたら、(マッサージ師に)バッとパンツをおろされたんですよ。でも、怒ったら何されるか分からないから、ノー!ノー!大丈夫ですってやったら、OK!OK!シークレットって言ってめっちゃ触られたんですよ」

 MCの中居正広に「実際どうだったの?」と追求されると、菊地は「私、乗り気じゃなかったから」と拒否したというのだ。ネット上では「乗り気だったらしてたのか!」と緩すぎる下半身ぶりを指摘する声とともに、「ゴールデンで話す話題か!」と下衆すぎるトーク内容に批判が殺到した。

「菊地はアイドル時代の番組でもマッサージの上手さを競う企画で、スタジオに15歳など、未成年のメンバーがいる前で明らかに風俗嬢の演技をして笑いを取ろうとしていました。ほかにも、バカリズムの誕生日を祝う企画でリカちゃん人形持ってきて『色々使えるでしょ服脱がしたりして』と発言したり、ツイッターにTENGAの画像を貼りつけられたりと、以前から暴走癖があったため、ファンからはアイドルと思われていませんでした」(アイドル誌ライター)

 さらに、この下衆トークは小島瑠璃子にまで飛び火。前述の「胸を揉まれた友達」が彼女ではないかと噂されているのだ。

「菊地と同時期に小島も香港に行っていたことを、ミッツ・マングローブが『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で話していました。菊地と小島はプライベートで一緒に遊びに出かけるほど仲がいいことで知られており、先日放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも、2人のプライベートに密着したVTRが放送され、その親密さが話題となっています。小島が上半身裸のまま胸を直揉みされていたなんて強制ワイセツ事件が本当なら、大ニュースですよ」(週刊誌記者)

 ぶっちゃけキャラを売りにするライバルが増え、崖っぷち感もある菊地。ひょっとしたら「犯罪被害者タレント」という新ジャンルを確立しようとしていたのかも?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』