サイゾーpremium  > 限定  > 【上重聡アナ】の彼女がABCマートのCMに!? タニマチと有名人の“美味しすぎる”関係
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

上重聡アナの彼女がABCマートのCMに起用される!? タニマチと有名人の“美味しすぎる”関係

+お気に入りに追加

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

kamishige1504.jpg
日本テレビアナウンスルームHPより

 日テレの上重聡アナに「利益供与」疑惑が持ち上がっている。親しく付き合っていた靴小売りメーカー「ABCマート」の元会長から高級マンション購入資金として1億7000万円を無利子で借り入れ、さらに会長名義の高級車“ベントレー”を乗り回し、禁止されている車通勤までしていた。

 これだけでアウトである。

 上重はPL学園のエースとして活躍。夏の甲子園で横浜のエースだった松坂大輔と投げ合った経験を持つ甲子園球児だ。

「立教大学に進学できたのも野球推薦枠のおかげですし、プロ入りを断念して一転、アナウンサーとして日テレに入れたのも、すでに知名度があり爽やかなマスクが決め手となったからでしょう。彼は入社当初からミーハーな男で遊び好き。日テレで顔が売れたおかげで遊びも派手になり、今もモデルの安座間美優と付き合い、例のマンションで優雅に同棲生活しているという話です。彼女も会長に紹介していて、ABCマートのCMに彼女を起用する話も進行中と聞きます。日テレのアナウンサーである前に社員であることを忘れ、タレント感覚の上重。ミーハー感覚が抜けないままアナウンサーとして人気が出てしまったため、タニマチがついてもまったく当たり前のような気になってしまったのでしょう。一度、おいしい思いをしたら、なかなかやめられないもの。ヘタすると中毒になり金銭感覚までマヒしてしまう」(テレビ関係者)

 アナウンサーゆえ社会問題として扱われるが、芸能界やスポーツ界では昔からタニマチとの付き合いはあった。

「タニマチは芸能界に昔から欠かせない存在。特に歌の世界ですと、コンサートなどのチケットをまとめ買いしてもらう。他にも本人だけでなく事務所が資金繰りに困った時など、お金を融通してもらったりする。そのかわり、タニマチの無理難題は聞かなければならない。特に飲食の付き合い。彼らは芸能人を自由に連れまわすことがある種のステータス。それを満足させてやるためには、疲れていても、行きたくない街、店でも付き合う。時にはリクエストにこたえてカラオケで歌うこともある。いかにタニマチのご機嫌を損ねないようにするかですから、ある種、芸者みたいなものです。彼らの機嫌をよくすれば、こちらからの要望も割と聞いてもらえることになる。車を買ってもらうとか、海外旅行に連れて行ってもらうとかは日常茶飯事です。バブル時代はにわかタニマチみたいな人がいたけど、今はそうはいない。そのような人をいかに探し、いかに接触するかも大事。これが上手な芸能人はうまく生き延びることができるものです。その付き合いの延長で最近、問題になっている暴力団と付き合うことになってしまうことも少なくない」(芸能関係者)

 タニマチもただ連れ回すだけでなく、具体的なメリットを求めるケースも少なくない。今回の上重の場合、ABCマートのスニーカーと番組のタイアップなどを計画中だったという話もあるように、会社のメリットを引き出す場合もあるが、タニマチになる人は会社よりも大半は個人的な都合を優先する。

「本当のタニマチの喜びは連れ回すことですが、なかには鼻の下を伸ばしたタニマチもいる。彼らの目当ては女です。トップ女優や歌手を相手にするのは難しいですが、まだ卵レベルの女の子でしたら、束の間の愛人にしやすい。女の子にとっても、まだ売れるか売れないかわからない段階では、当面の生活費に困る。この間の面倒を見てもらうことが最大のメリットになる。需要と供給のバランスが合えば密かに愛人契約を結ぶケースがあっても不思議ではありません」(別の芸能関係者)

 すべての芸能人にタニマチが付いているわけではないが、「困った時のタニマチ」と言われる芸能界。上重も芸能人だったら問題なかったのだが……。

ふただ・かずひこ
芸能ジャーナリスト。テレビなどでコメンテーターとして活躍するかたわら、安室奈美恵の母親が娘・奈美恵の生い立ちを綴った「約束」(扶桑社刊)、赤塚不二夫氏の単行本の出版プロデュースなども手がける。青山学院大学法学部卒業後、男性週刊誌を経て、女性誌「微笑」(祥伝社/廃刊)、写真誌「Emma」(文藝春秋/廃刊)の専属スタッフを経て、フリーとして独立。週刊誌やスポーツ新聞などで幅広く活躍する。現在は『おはようコールABC』(朝日放送)、『今日感テレビ』(RKB毎日放送)などにコメンテーターとして出演。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』