サイゾーpremium  > ニュース  > 【金正恩氏】の健在をアピールした北朝鮮の動静報道の思惑とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

「やっぱり生きてた!」金正恩氏の健在をアピールした北朝鮮の動静報道の思惑とは?

+お気に入りに追加
kimjongunjpgs.jpg
習近平は必ず金正恩を殺す(講談社)

 9月3日以降、動静が全く伝えられなかったため暗殺説や逮捕説まで囁かれた金正恩について、北朝鮮公式メディア「朝鮮中央通信」は10月14日、健在であることを報じた。同通信によれば、金正恩は衛星科学者住宅地区を視察したとのこと。衛星科学者住宅地区は金正恩が建設を直接指示したもので、今年3月に着工され、党創建69周年に完工するように建設された。同地区は24棟の高層住宅のほか、学校、病院、幼稚園、託児所、公共施設、農場まで備えているという。

 北朝鮮問題専門家は次のように述べた。

「今回の動静報道を見る上での注目点は3つでしょう。1点目は記事が掲載された時間です。掲載されたのは14日未明から早朝。これはワシントン時間の午後に狙いを定めたもので、米国へのアピールでしょう。2点目は、衛星科学者住宅の建設を党創建69周年にあわせていたことです。住宅建設をは来年の党創建70周年に向けた準備の一環であり、70周年には人工衛星発射、すわなち、再び長距離ミサイルを発射する意図があるということ。3点目は金正恩が視察した日付の記載はありませんでしたが、文脈から党創建記念日の10月10日前後に視察したということです。10日に開催された党創建69周年行事に金正恩は出席しませんでしたが、北朝鮮の先軍政治と科学技術開発の象徴であるミサイル関連部署の視察を報じることで、各国メディアが報じる健康不安説や権力空白説を払拭することができます」

 13日付の韓国・中央日報は「金正恩は平壌の別荘でリハビリ中、1か月前に両足首を手術」と報じていたが、北朝鮮公式メディアが動静を報じたことで、金正恩が健在であり、北朝鮮を掌握していることが明らかになった。拉致問題解決のために日本政府は北朝鮮への調査団派遣を検討しているが、金正恩の健在が交渉にどのような影響を与えるのか、今後注目される。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』