サイゾーpremium  > インタビュー  > 【元SKE48・平松可奈子】が迫る爽快アクション・シューターの魅力
インタビュー
【特別企画】アイドル×シューティング

元SKE48「二次元同好会」平松可奈子もどハマり! なアクション・シューターの魅力

+お気に入りに追加

――さかのぼることおよそ20年前、FPSのジャンルを確立した名作『ウルフェンシュタイン』が、まったく新しい作品となって帰ってきた。際どいゴア表現もそのままに、より爽快なプレイを楽しめる本作を、元SKE48「二次元同好会」の平松可奈子ちゃんと早速プレイ!果たして、彼女が体感した魅力とは?

1407_game_01.jpg
(写真/篠田 工 go relax E more)

 私、ゲームをやりだすと、ハマってしまうタイプなんですよ。先日も弟と3日間、実家の部屋にこもってゲームをしてしまって。お母さんがご飯を作ってくれる朝と夜以外、集中しすぎてほとんど食べ物を口にしなくなってしまうので、ダイエットにもなるんですけど(笑)。そうそう、最近もひとりでゲームセンターに行って、延々ガンシューティングをやり込んじゃったりして……シューターも、大好きなジャンルなんです!

1407_game_02.jpg
ナチスが占領した1960年のベルリン。

 この『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』をプレイしてみてまず思ったのが、臨場感のすごさです!画面には、毛穴までくっきりリアルに描かれたキャラクターがわんさか出てくるし、グラフィックがリアルすぎて、最初は実写かと思ったくらいでしたから。飛行機や機関銃の振動がコントローラーで伝わってくるので、ゲーム内のキャラクターと一緒になって「早くこの状況を打破しなきゃ!」って焦ってしまいますしね。しかも、いきなり飛行機から飛行機へ飛び移るというハードなミッションもあって! 超ドキドキしました! あ、でも、ゲーム難易度が5段階で選べるので、初めての人やゲーム慣れしていない女子でも楽しめると思います。

1407_game_03.jpg
彼らが改造した巨大なロボットたちも次々と襲ってくる。「現実だったら絶対勝てない敵を倒せるのも爽快です!」(平松さん)。

 それから、ゲーム中には人の頭が吹っ飛んだり、肉片が飛び散ったり……とスプラッタな要素とスリルも満載でした。私は一気に突撃して敵を殲滅するタイプの戦い方が好きなので、アサルトライフルやショットガンを両手に持って、敵陣中に突っ込んで、相手を蹴散らす爽快感もたまりません! その一方で、背後からこっそり近づいて敵をナイフで音もなく仕留めなければならないミッションもあって「なるほど! こういう殺し方……じゃなくて、攻略の仕方もあるのか!」と感心してしまいましたね。そんなプレイをしていると、自分が映画『レオン』のような、プロの殺し屋になった気分にもなれますよ。

 私は、もともとSKE48にいたんですけど、今のアイドルを取り巻く環境は、グループ内にいても戦国時代、グループから抜けても戦国時代という「アイドル界ダブル戦国時代」になっています。そこで、この『ウルフェンシュタイン』をやり込むことで身についた戦場を生き抜く経験が、アイドル戦国時代を生き抜く上で、いつか活きるかもしれないと思いました! 時には正面突破で、時には音もなく背後からころ……攻略するなど、学校では教えてくれなかったことが学べるんじゃないかと。これから夏休みにもなるし、また家にこもってプレイしちゃうかもしれません。ダイエットも兼ねて(笑)。

(構成/高橋ダイスケ)
(ヘア&メイク/山本純平)

平松可奈子(ひらまつ・かなこ)
1991年、愛知県生まれ。SKE48の1期生としてデビューし、13年4月に卒業。SKE48「二次元同好会」のメンバーとしても活躍した。13年11月13日にリリースした初のソロDVD『平松可奈子 セカンド ステージ』を皮切りに、本格的に芸能活動を再開。マルチタレントとして活動中。

海外版の表現をそのままに……
“表現規制”に挑む!

 そもそも、リアルな戦闘シーンを描いた日本開発のゲームが少ない日本のゲーム市場において、海外で作られた作品を持ってこようにも、リアルに描かれたゴア表現などは、ローカライズされる過程で日本の表現規制に適応し、原作とはかけ離れたものになってしまう。そんな中、『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』は、その規制に真っ向から挑んでいるのだ。

「本作は、あえてレーティングをZ指定(18歳以上のみ対象)にすることで、人体実験の被験体の描写や、頭を吹き飛ばすといった海外版の表現の再現を忠実に貫きました。そもそも、仮想世界とはいえ、『ナチスが謎の科学技術を手に入れ、第2次世界大戦に勝利し世界を征服した』というストーリー設定も、ギリギリの表現です」(ローカライズ・プロデューサー 秋山徹浩氏)

 また、PVでも、かの有名な『Abbey Road』(ビートルズ)のジャケ写のパロディをナチス軍で行ってみたり、アメリカの歴代大統領のモニュメント・ラシュモア山を豪快に爆破してみたり……と、やりたい放題。

 ゲームの戦場だけではない、『ウルフェンシュタイン』の戦いをとくと、ご覧あれ。

1407_game_04.jpg

ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー
舞台は謎の新技術によって、第二次世界大戦に勝利したナチスが支配する1960年の世界。独自の解釈で描かれる世界観とストーリーに加えて、やり込み要素も満載な骨太シューティング。
発売日:6月5日/価格:税別7800円(PlayStation4)、税別6800円(PlayStation3、Xbox 360)/販売元:ベゼスダ・ソフトワークス

(C )2014 ZeniMax Media Inc. All Rights Reserved.


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報