サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【山岸舞彩】本番前にスマホゲームでキャスター失格!?
ニュース
【premium限定ニュース】

本番前にスマホゲーム? 『NEWS ZERO』スタッフが山岸舞彩にアナウンサー失格の烙印

+お気に入りに追加

1405_yamagishi_01.jpg
『山岸舞彩1st写真集 3years 24→26』(小学館)

 4月からはフジテレビのバラエティ「ワンダフルライフ」の司会を務めるなど活躍中の山岸舞彩だが、日本テレビの「NEWS ZERO」スタッフの間での評価は急落。キャスター失格の声があがっている。

「身内の不祥事ということもあって昨年起きたセクハラ騒動では日テレ側は平謝り。山岸サイドも恩を売ることで手打ちとなりましたが、ここにきて山岸の増長ぶりは目に余るものがあります。ニュースキャスターの場合CMやバラエティ番組などへの出演についてはある程度自粛するのが暗黙の了解となっていますが、そんなことはお構いなし。しかも番組への関心が薄れてきたのか、最近は本番直前までスマホでパズルゲームに熱中で、スタッフの指示も上の空。『何様のつもりなんだ!』と呆れる者もいるほど。一方でプロデューサーなど地位の高い人に擦り寄りスキンシップを欠かさないなど処世術には長けているから手に負えません」(日本テレビ関係者)

 またメインキャスターである村尾信尚キャスターとはプライベートでの会話は皆無。抜き差しならない状況にあるという。

「番組の内容をめぐって村尾が山岸に『あなたはどう思ってるの?』と詰め寄ることが多々ありました。村尾にしてみれば腰掛程度の感覚でニュースに携わる山岸の態度が気に入らないのかもそれません。もっとも村尾さんもエキセントリックな人なので山岸に同情する声もありますが…」(同上)

 もっともそんな身内の声とは裏腹に山岸の商品価値は上昇するいっぽう。ニュースよりバラエティのほうが稼げそうだが……。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ