サイゾーpremium  > インタビュー  > 【浜野謙太】ラブドールだらけの秘密の花園で名演技!?
インタビュー
ハマケン×ラブドールが織り成す愛と官能の世界?

【浜野謙太】枯れた現代に"望み"を見いだす、夢の街「ラブトピア」へようこそ

+お気に入りに追加

――超絶ナンセンス・コメディ『ラブトピア』がついにDVD化。主演ののぞみとハマケンがやってきた!

1404_hamaken_01.jpg
(写真/cherry chill will)

 主演ののぞみをはじめ、友人のゆりやリナ、あつ子といったラブドールたちが主(人間)の不在時に楽しく暮らす夢の街「ラブトピア」。

 この薄ら寒い現代との対比として描かれているようなラブトピアの世界観は、永遠に続く幸福のように描写されつつ、泡のように消えた幻想=バブル期を彷彿とさせる。ドールたちをメインとする“ナンセンス・コメディ・ドラマ”と銘打たれたトンデモな世界に“のぞみのカレ”として唯一出演している“人間”、ハマケンこと浜野謙太に話を聞くことができたので、彼の言葉を借りて、仮想世界“ラブトピア”を紐解いてみたい。

「(ラブトピアは)いろんな意味で元気な世界なんですよ。具体的な時代設定はないんですが、枯れてしまっている現代感はなくて、平気で(のぞみとの)セックスの回数もこなす。のぞみから人間界に電話がかかってきて、『今、仕事中だよ』って対応するシーンがあるんですけど、人間界は“現実”という雰囲気があってバブル感はない。でも、カレが需要の少なそうな仕事に就いている感は、ラブトピアの景気の良さとの対比が出ていて面白いな、って」

 現代の人間が描く理想郷=ラブトピアで生活をするのは、あくまでもドールが中心だ。劇中、ドールとの唯一の接触者である浜野は、その異様な世界観やドールとの触れ合いをどう感じているのか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs
    • 日本で【SDGs一大ブーム】の理由
    • SDGsの【17項目】のおさらい
    • SDGsを推し進めるのは【戦コン】?
    • 【ユニクロ】ファッションと人権問題
    • 【米中関係】から見るウイグル問題
    • 世界のサステナブル【大麻ビジネス】
    • 大麻政策のための【2030アジェンダ】
    • 【古坂大魔王】SDGs推進の内幕
    • 【SDGsソング】寸評会
    • SDGs曲【Lige goes on】制作秘話
    • 【SF思考】が世界で注目を集める理由
    • 【ジブリ】を見れば、17目標がわかる!?
    • スタジオジブリ作品の【持続可能性】
    • 【高畑勲・宮崎駿】と若手監督との違い
    • 【マーベル】の新ヒーロー像
    • 貧困に肉薄する【ドキュメンタリー】
    • 【グレタさん叩き】と日本の社会意識
    • アジェンダ21と【陰謀論】
    • SDGs関連の【国連】陰謀論

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報