サイゾーpremium  > インタビュー  > 【浜野謙太】ラブドールだらけの秘密の花園で名演技!?
インタビュー
ハマケン×ラブドールが織り成す愛と官能の世界?

【浜野謙太】枯れた現代に"望み"を見いだす、夢の街「ラブトピア」へようこそ

+お気に入りに追加

――超絶ナンセンス・コメディ『ラブトピア』がついにDVD化。主演ののぞみとハマケンがやってきた!

1404_hamaken_01.jpg
(写真/cherry chill will)

 主演ののぞみをはじめ、友人のゆりやリナ、あつ子といったラブドールたちが主(人間)の不在時に楽しく暮らす夢の街「ラブトピア」。

 この薄ら寒い現代との対比として描かれているようなラブトピアの世界観は、永遠に続く幸福のように描写されつつ、泡のように消えた幻想=バブル期を彷彿とさせる。ドールたちをメインとする“ナンセンス・コメディ・ドラマ”と銘打たれたトンデモな世界に“のぞみのカレ”として唯一出演している“人間”、ハマケンこと浜野謙太に話を聞くことができたので、彼の言葉を借りて、仮想世界“ラブトピア”を紐解いてみたい。

「(ラブトピアは)いろんな意味で元気な世界なんですよ。具体的な時代設定はないんですが、枯れてしまっている現代感はなくて、平気で(のぞみとの)セックスの回数もこなす。のぞみから人間界に電話がかかってきて、『今、仕事中だよ』って対応するシーンがあるんですけど、人間界は“現実”という雰囲気があってバブル感はない。でも、カレが需要の少なそうな仕事に就いている感は、ラブトピアの景気の良さとの対比が出ていて面白いな、って」

 現代の人間が描く理想郷=ラブトピアで生活をするのは、あくまでもドールが中心だ。劇中、ドールとの唯一の接触者である浜野は、その異様な世界観やドールとの触れ合いをどう感じているのか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年6月号

「天野紗也加」の輝かしさ

「天野紗也加」の輝かしさ
    • 【天野紗也加】配信女王が魅せる

NEWS SOURCE