サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 元サヤに戻った日テレ【水ト麻美】の華麗なる恋愛事情

1402_friday.jpg
「FRIDAY(フライデー) 2014年 2/7号」(講談社)

 日テレの同僚局員との熱愛を「フライデー」に報じられた水ト麻美アナ。本サイトでも、いくつかある彼女の社内恋愛の噂については既報済みだが、実はフライデーの写真のA氏こそが本命だということは内部からのリークでわかっていたという。

「A氏は政治部の記者で『みんなの党』担当。スクープを取るような凄腕というわけではありませんが、人当たりがよく、政治家からもかわいがられています。既報の通り水トが入社直後から交際がスタートしましたが、ほどなく破局。寂しさを紛らわすように、水トは有名ディレクターと深い関係になったそうですが、こちらも人気がブレイクするとともに自然消滅。結局元のサヤに収まった格好です」(日本テレビ関係者)

 エースアナのスキャンダルに局の上層部は頭を抱えているかと思いきや、記事を見てホッと胸を撫で下ろしているという。

「相手が同僚の政治部記者、深夜にホルモンデートということで、結果的に水トの清純かつ食いしん坊キャラのイメージが壊れなくて、結果オーライ(笑)。『ラブホテルデートじゃなくて良かった』とひと安心というのが実情だそうです。"昼の顔"にとって下半身ネタのスキャンダルはタブー。お茶の間、特に主婦層からの支持でもっているだけに、もう少し自覚を持って欲しいところ。今回は火傷程度ということもありお咎めもないようです」(前出)

 難局を乗り切った!? ようだが、一部には水トの今後を心配する向きも。

「お相手のAは、お調子者で合コン好き。本命は水ト以外にいるという噂もあります。水トは男関係が不安定になると暴飲暴食に走るクセがあり、更に肥大化する可能性も。春の改編で露出が増えるだけに要注意です」(前出)

 ぽっちゃり具合で体調と恋愛事情が分かっちゃう!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載