サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 現役地方女子アナが"モテ子の作り方"を激白!(その2)

1401_stv.jpg
『STVの女子アナ!!...と、男性アナたち』(札幌テレビ放送)

 タレント経験者やミスコン経験者など、今や女子アナに「華やかさ」は不可欠な要素。当然、そういう輩は"女子アナ"というブランドを重んじ、振りかざしながら人生を謳歌していく。だが、振りかざし方を間違えている者もいるようで…。

「私の女子アナ仲間なんて、ほとんどがド派手に遊んでいますよ。誰のおかげ?それは、やっぱり彼氏のおかげかなぁ(笑)。だって、代理店や同じ会社の先輩とかと付き合ってたら、だいたいの稼ぎもわかるし、こっちもおねだりできるレベルと実際にするモノが、ある程度決まってくる。そこの部分に関して言うと、女性優位に交際を進めやすいよね」

 こう自慢げに話すのは、地方局をいくつか経験の末、現在は超人気キャスター事務所でフリーアナとして働くB子。まもなく、30代中盤に足を踏み入れようかという年齢。家庭を持つ気は「さらさらない」というのだから、まさにイケイケといった感じだ。

 だが、実は彼女、周囲からはちょっと距離を置かれ始めたというのだ。事情に詳しい、制作会社のプロデューサーC氏は語る。

「要は"女子アナ合コン"の元締めで、手数料を取っていたのがバレたんですよ。手数料の割合は、だいたい総額の20〜30%。人数が多い場合は、女子アナたちに分配までしていたので、なかなかバレなかったようなんです。ところがこの前、バカな後輩女子アナのD子が仲の良い代理店関係者にベラベラしゃべったもんだから、問題に(笑)。アナウンサー世界って、思っている以上に狭いんで、すぐに情報が全国に流れて、今やB子は"合コン出入り禁止"状態が続いています」

 看板を勘違いして使うと痛い目に遭うのは仕方ないとしても、実はその考えに真っ向から反発する女子アナも、まだ存在していた。次回は、そんな彼女たちの実態をお伝えしたい(その3に続く)。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE