サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【premium限定】“Xデー”が待たれる安藤美姫の女児・父親論争
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「僕の子どもなんですけど……」“Xデー”が待たれる安藤美姫の女児・父親論争

+お気に入りに追加

1307_az_miki.jpg
もう誰の子でもよくない?『空に向かって 増補版』(扶桑社)

 7月1日に放送された「報道ステーション」(テレビ朝日系)でフィギュアスケート女子の安藤美姫が、4月に3350グラムの女児を出産していたことを告白してから約2週間経過したが、安藤自身が女児の父親の名前を明かしていないだけに、各メディアの報道をめぐって大論争が巻き起こっている。

「これまでの報道をまとめると、今年春に交際が報じられたプロスケーターの南里康晴説で押しているのが『週刊文春』(文藝春秋)と『女性セブン』(小学館)。かつて安藤のコーチをつとめたロシア人のニコライ・モロゾフ説で押しているのが講談社グループの『フライデー』、『週刊現代』と『週刊新潮』(新潮社)。『東京スポーツ』はスケート関連のイベントを手がけるイベント会社社長説を唱え、『週刊女性』(主婦と生活社)はすでに妻子持ちの織田信成、男子フィギュアの元世界王者で安藤の振り付けも担当していたステファン・ランビエールの可能性を示唆。情報が錯綜しすぎているが、安藤との“距離”からすると、南里かモロゾフしかあり得ない」(スポーツ紙デスク)

「フライデー」7月12日号には南里を直撃した様子が掲載されたが、南里は安藤が産んだ女児の父親であることのみならず、交際すら否定し、たまたま同じマンションに住んでいる仲であることを強調。

 その記事が“追い風”となったように「週刊現代」7月20日号はかつて安藤がモロゾフの子どもを妊娠したものの中絶。しかし、今回は出産に踏み切ったと改めてモロゾフ説を裏付けた。

 これに対し、南里説を押す「女性セブン」7月25日号は「美姫さんが出産した時、すぐに病院に駆けつけて、いちばんに抱っこしたみたいなんですよ。“美姫じゃなく、おれにそっくりなんだ。かわいくてたまらない”って親バカ丸出し」という南里の知人のコメントを掲載。いまだ未入籍の理由として、安藤の母が猛反対していると報じたが、どうやら、どちらが父親なのかは明白のようだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報