サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > 放送作家【林賢一】が選ぶ楽しみな連載
あの有名人&識者が選ぶ「サイゾー」レコメンド!

佐々木俊尚のIT、萱野稔人の哲学…人気放送作家・林賢一が選ぶ、楽しみな「サイゾー」連載

+お気に入りに追加

1212_p_hayashi.jpg
林賢一氏は『Qさま!!』の放送作家も務める。

――1999年の創刊以来、芸能界から政財界、ヤクザにIT業界まで、各業界のウラ側を見てきた「サイゾー」。巷間騒がれる小誌の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい! そんな思いから、「サイゾー」を愛読している物好きな(失敬!)有名人からおなじみの識者の方々に、「サイゾー」でしか読めないオススメ記事を選んでもらいました!! ――人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。現在同企画は、「ビジネスジャーナル」に場所を移し、鮫肌氏・山名氏の後輩放送作家である林賢一氏も加えて連載中。そんな林氏にもサイゾーオススメ記事を直接聞いてみた! ……のだが、返り討ちに遭ってしまった!?

【林賢一さんが選ぶ「サイゾーpremium」にすぐに載せてほしい連載3本】

『町田康の「続・関東戎夷焼煮袋」』
(2012年12月号より連載)

『学者・萱野稔人の「”超”現代哲学講座」』
(2010年8月号より連載)

『佐々木俊尚の「ITインサイドレポート」』
(2008年5月号より連載)

「だから直接聞いてみた」という連載をやらせていただいているが、ここは敢えて『サイゾー』に直接聞いてみたいことがある。こんな素朴な疑問だ。

【連載の掲載が「サイゾー」本誌と「サイゾーpremium」で、タイムラグがあるのはなぜですか?】

 毎月、「サイゾー」本誌と「サイゾーpremium」を一読者として、楽しく読ませてもらっている。お気に入りの連載はたくさんあるが、『学者・萱野稔人の「”超”現代哲学講座」』『佐々木俊尚の「ITインサイドレポート」』にまず目を通すのが、私の「サイゾー」読書の習慣である。<哲学からIT情報まで>、この振り幅が私にとっての「サイゾー」最大の魅力だ。(格好つけてしまったが、もちろんエロまでの振り幅も大歓迎である!!)

 そして、2012年12月号からスタートした新連載『町田康の「続・関東戎夷焼煮袋」』。雑誌「大阪人」に掲載されたレポートの続きとなるこの連載だが、控えめに言って最高である。つらつらと読んでいるだけで、爆笑、考え込む、爆笑、考え込む、爆笑、爆笑、涙、という脳内ジェットコースター感覚が味わえる至福のエッセイである。

 といったように、「サイゾー」本誌ではこれらの連載を中心に毎月の発売日を楽しみにしているのだが、この原稿を書いている現在(2012年11月26日)、「サイゾーpremium」を閲覧して驚いた。挙げた3つの連載すべてが、まだ「サイゾーpremium」に掲載されていないのである。なぜなんだ?

 2012年12月号の連載は合計で21つ。そのうち、現時点で「サイゾーpremium」で読むことができるのが7つである。もちろん、2012年11月号の連載はすべて「サイゾーpremium」で読めるようになっている。「サイゾー」本誌が店頭に並ぶのがだいたい毎月18日であるからして、一週間経っても連載の2/3が「サイゾーpremium」読めないのは、やはり残念に感じてしまう。

 どれもが愛しく楽しみな連載陣である。できれば本誌とネット、ストレスなくどちらの媒体でも読みたいと思うのは読者のわがままだろうか? 是非ともこのタイムラグを短くしていただきたい。

 もしかしたら、何か私が知らない秘密の裏契約があるのだろうか? 人力入力に時間がかかるのだろうか? 本誌を売るための戦略なのだろうか? ヒット数を増やすための作戦だったりするのだろうか? 妄想は膨らむ。

 このようなシビアな疑問を、いつも企業に直撃している身としては、聞かざるを得ない。

 だから「サイゾー」に直接聞いてみた(い)。

【連載の掲載が「サイゾー」本誌と「サイゾーpremium」で、タイムラグがあるのはなぜですか?】、と。

 返答はあるのだろうか? あったら笑うけど。

林 賢一(はやし・けんいち)
放送作家。1979年、五反田生まれ。学生時代から古舘プロジェクトで修業し、現在のレギュラー番組は『Qさま!!』『お願いランキング』(テレビ朝日)など。以前は酒に関する命令に絶対にNOと言わない酒奴隷だったが、数年前から酒平民に昇格。最近は、とてもとても贅沢な脚本を書いています。幸せです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』