サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > 放送作家・鮫肌文殊オススメの記事3選
あの有名人&識者が選ぶ「サイゾー」レコメンド!

人気放送作家・鮫肌文殊が選んだ――編集長が東京湾に浮かぶ!? 業界裏ネタ記事3本

+お気に入りに追加

――人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。現在同企画は、「ビジネスジャーナル」に場所を移し、鮫肌氏・山名氏の後輩放送作家である林賢一氏も加えて連載中だ。今回は放送作家である鮫肌氏にエンタメ業界の裏側の切り込んだ記事を選んでもらった!

【鮫肌 文殊さんが選ぶ「編集長が東京湾に浮かぶ!? 業界裏ネタ記事3本」】

『ニコ動“オワタ”!? 大量リストラ敢行でイケイケムード殲滅』
(2012年12月号「ニュース」

『話題のマンガ家・マン臭きつ子が描く実録!マンガ制作の舞台裏ルポ』
(2012年12月号「タブーなマンガ」【アシスタントだけが知るマンガ制作の裏事情】より)

『【今井メロ】「ケンカの度に『離婚』という言葉が飛び交った」──自叙伝執筆中の離婚の真相』
(2012年12月号「インタビュー」

0804_same.jpg
鮫肌文殊氏。「3D特集」出演時の写
真のため、浮き出て見えてます。
(写真/田中まこと)

「サイゾー」には、『だから直接聞いてみた』って連載でお世話になっている。本誌のほうで6年以上も連載して、今はサイゾー系のWEB「ビジネス・ジャーナル」に場所を移してまだしつこくやっています。

「サイゾー」と言えば、やっぱエグい“業界裏事情”記事に尽きる。自分のやってる連載もある意味、“業界裏事情”的なのかな。でも内容が「松屋のカレーにはなぜ味噌汁がつくのか? 合わないじゃないか!」ってギモンを松屋のお客様センターに直接聞くっていうようなものなので、エグさでは特集記事には全然負けてますけど。

 私、連載の相方で同じく放送作家の山名宏和と毎日新聞で『乱調テレビ用語』ってテレビ業界に関するよもやまエッセイをもう3年も連載しているのですが、まあ、他人から「読んでます」と言われたことがない。今まで記憶してる中でいうと3年で3回くらい(苦笑)。

 しかーし!

「サイゾー」の連載のほうは違う。初めて仕事するプロデューサーやディレクターによく「いつもサイゾーの連載読んでます」って挨拶がわりに言われたものなあ。私の体感なんですが、テレビ業界人の「サイゾー」チェック率は相当高いと思う。それも、やはりほかでは読めない“業界裏事情”のため。大昔なら「噂の真相」が担ってた役割。

 例えば、『ニコ動“オワタ”!?大量リストラ敢行でイケイケムード殲滅』なんてドワンゴの裏事情記事なんて、個人的には大好物。今のテレビの大スポンサーさんであるドワンゴさんのお家騒動、やはり興味あります。   

「タブーなマンガ」特集の『話題のマンガ家・マン臭きつ子が描く実録! マンガ制作の舞台裏ルポ』も同じく、「サイゾー」お得意の“現場のナマの声”をマンガ化してお届けするシリーズとして、とても興味深く読めました。いわゆるテレビのバラエティにおける“あるあるネタ”なんですが、これ読んで「あるある!」って言ってる同業者も多いんじゃないでしょうか(でも正直一番記憶に残ったのは、マン臭きつ子ってペンネームなんだけど)。

 業界だけでなく「ヤバい人の裏事情」って点では“今井メロ”のインタビュー記事(『【今井メロ】「ケンカの度に『離婚』という言葉が飛び交った」──自叙伝執筆中の離婚の真相』)もチェック!

 余談ですが、最近、私のフェイスブックの「もしかしてお友達では?」欄にこの今井メロさんがいつも筆頭であがってくるんですけど。まったく面識無いんですが思い切って友達申請したほうがよろしいんでしょうか?

「サイゾー」の面識、もちろんテレビ業界もよく遡上にあがります。

 テレビの世界に住む者から見れば「こんなディープなことよく知ってるなー」と驚くこともあれば、「これ、若干ピントずれてるかな?」と残念な時もあり。そこらへんの情報の玉石混淆な怪しさも含めて「サイゾー」な気がします。

「サイゾー」には、初心忘れずに(!?)これからも下世話にガンガン、「業界裏事情」に切り込んでいって欲しいと思います。いろいろコワい人との軋轢もあって編集部の皆さんは大変でしょうが、編集長が東京湾に浮かばない程度に頑張ってください! 期待してます。

鮫肌文殊(さめはだ もんぢゅ)
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。毎週木 曜夜8時(再放送日曜夜11時)中央エフエムにて「決定!レコ歌ベストテン」絶賛放送中! サイマルラジオでネットで聴けます。旧知のプロデューサーからの お願いで、新年1月4日の赤坂の某局の生放送の特番を引き受けてしまった。年末年始の時事ネタを扱う番組。でもそれってよく考えたら、内容的に正月返上確実だよな。しまった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』