サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > 放送作家・鮫肌文殊オススメの記事3選
あの有名人&識者が選ぶ「サイゾー」レコメンド!

人気放送作家・鮫肌文殊が選んだ――編集長が東京湾に浮かぶ!? 業界裏ネタ記事3本

+お気に入りに追加

――人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。現在同企画は、「ビジネスジャーナル」に場所を移し、鮫肌氏・山名氏の後輩放送作家である林賢一氏も加えて連載中だ。今回は放送作家である鮫肌氏にエンタメ業界の裏側の切り込んだ記事を選んでもらった!

【鮫肌 文殊さんが選ぶ「編集長が東京湾に浮かぶ!? 業界裏ネタ記事3本」】

『ニコ動“オワタ”!? 大量リストラ敢行でイケイケムード殲滅』
(2012年12月号「ニュース」

『話題のマンガ家・マン臭きつ子が描く実録!マンガ制作の舞台裏ルポ』
(2012年12月号「タブーなマンガ」【アシスタントだけが知るマンガ制作の裏事情】より)

『【今井メロ】「ケンカの度に『離婚』という言葉が飛び交った」──自叙伝執筆中の離婚の真相』
(2012年12月号「インタビュー」

0804_same.jpg
鮫肌文殊氏。「3D特集」出演時の写
真のため、浮き出て見えてます。
(写真/田中まこと)

「サイゾー」には、『だから直接聞いてみた』って連載でお世話になっている。本誌のほうで6年以上も連載して、今はサイゾー系のWEB「ビジネス・ジャーナル」に場所を移してまだしつこくやっています。

「サイゾー」と言えば、やっぱエグい“業界裏事情”記事に尽きる。自分のやってる連載もある意味、“業界裏事情”的なのかな。でも内容が「松屋のカレーにはなぜ味噌汁がつくのか? 合わないじゃないか!」ってギモンを松屋のお客様センターに直接聞くっていうようなものなので、エグさでは特集記事には全然負けてますけど。

 私、連載の相方で同じく放送作家の山名宏和と毎日新聞で『乱調テレビ用語』ってテレビ業界に関するよもやまエッセイをもう3年も連載しているのですが、まあ、他人から「読んでます」と言われたことがない。今まで記憶してる中でいうと3年で3回くらい(苦笑)。

 しかーし!

「サイゾー」の連載のほうは違う。初めて仕事するプロデューサーやディレクターによく「いつもサイゾーの連載読んでます」って挨拶がわりに言われたものなあ。私の体感なんですが、テレビ業界人の「サイゾー」チェック率は相当高いと思う。それも、やはりほかでは読めない“業界裏事情”のため。大昔なら「噂の真相」が担ってた役割。

 例えば、『ニコ動“オワタ”!?大量リストラ敢行でイケイケムード殲滅』なんてドワンゴの裏事情記事なんて、個人的には大好物。今のテレビの大スポンサーさんであるドワンゴさんのお家騒動、やはり興味あります。   

「タブーなマンガ」特集の『話題のマンガ家・マン臭きつ子が描く実録! マンガ制作の舞台裏ルポ』も同じく、「サイゾー」お得意の“現場のナマの声”をマンガ化してお届けするシリーズとして、とても興味深く読めました。いわゆるテレビのバラエティにおける“あるあるネタ”なんですが、これ読んで「あるある!」って言ってる同業者も多いんじゃないでしょうか(でも正直一番記憶に残ったのは、マン臭きつ子ってペンネームなんだけど)。

 業界だけでなく「ヤバい人の裏事情」って点では“今井メロ”のインタビュー記事(『【今井メロ】「ケンカの度に『離婚』という言葉が飛び交った」──自叙伝執筆中の離婚の真相』)もチェック!

 余談ですが、最近、私のフェイスブックの「もしかしてお友達では?」欄にこの今井メロさんがいつも筆頭であがってくるんですけど。まったく面識無いんですが思い切って友達申請したほうがよろしいんでしょうか?

「サイゾー」の面識、もちろんテレビ業界もよく遡上にあがります。

 テレビの世界に住む者から見れば「こんなディープなことよく知ってるなー」と驚くこともあれば、「これ、若干ピントずれてるかな?」と残念な時もあり。そこらへんの情報の玉石混淆な怪しさも含めて「サイゾー」な気がします。

「サイゾー」には、初心忘れずに(!?)これからも下世話にガンガン、「業界裏事情」に切り込んでいって欲しいと思います。いろいろコワい人との軋轢もあって編集部の皆さんは大変でしょうが、編集長が東京湾に浮かばない程度に頑張ってください! 期待してます。

鮫肌文殊(さめはだ もんぢゅ)
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。毎週木 曜夜8時(再放送日曜夜11時)中央エフエムにて「決定!レコ歌ベストテン」絶賛放送中! サイマルラジオでネットで聴けます。旧知のプロデューサーからの お願いで、新年1月4日の赤坂の某局の生放送の特番を引き受けてしまった。年末年始の時事ネタを扱う番組。でもそれってよく考えたら、内容的に正月返上確実だよな。しまった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』