サイゾーpremium  > 連載  > 佐々木俊尚のITインサイドレポート  > Google+が真に狙い定めるはフェイス...
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第40回

Google+が真に狙い定めるはフェイスブックよりツイッター!

+お気に入りに追加

──激変するITビジネス&カルチャーの深層を抉る!

1109_it_ill.jpg
Google+参戦で激化するSNS三国志、覇権争いになるのか、棲み分けを目指すのか?

 SNS分野が苦手だと言われ続けてきたグーグルが、Google+で再びSNS市場に乗り込んできた。ツイッターが普及し、フェイスブックもユーザーを増やす日本では一見、同サービスの勝機は薄そうに見えるが、これが案外可能性があるようで……。

 グーグルが「Google+(以下、G+)」という新しいソーシャルネットワーク(SNS)を始めた。まだβテスト中で、すでに使っているユーザーから招待をもらえないと登録できないが、しかしこれはフェイスブックとツイッターの長所ばかりをうまくすくい上げているサービスだ。日本で相当に普及していくのではないかと私は今予感している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ