サイゾーpremium  > 限定  > 人気種目はくじ引きだった──60年前はた...

──IOC(国際オリンピック委員会)の収入の半分を占めるのが、メディアによる放映権料。日本では、NHKや民法キー局からなる団体が交渉し、権利を購入するが、その考証や人気種目の割り振りには、それぞれの組織のさまざまな思惑があるという──。

0808_4dainet.jpg
スポーツイベントに巨額の金を費やすアメリカ4大ネットワーク。
(左上より時計回りに。「ABC」「CBS」「FOX」,「NBC」)

「NHKをはじめ、民放キー局ら日本民間放送連盟からなるジャパンコンソーシアム(以下、JC)が、国際オリンピック委員会(以下、IOC)に支払った北京五輪の国内放映権料は総額211億7000万円(契約締結時の換算レートによる)。さらに08年4月、JCは、2010年バンクーバー冬期五輪と12年ロンドン五輪の放映権料において、325億円でIOCと合意に達したと発表しました」

 こう話すのは、元NHK職員で五輪等のスポーツ放映権交渉を手がけてきた、スポーツ・プロデューサーの杉山茂氏。さらに、ロイター通信では「1948年に英BBCが1000ギニー(旧通貨単位/約21万円)を支払って始まったIOCの放映権収入は、84年のロサンゼルス五輪からアテネ五輪までに約5倍にはね上がり、08年8月の北京五輪では25億ドル(約2600億円)になる」(08年5月11日付)と報じているように、五輪の放映権は高騰の一途をたどっている。そのきっかけとなったのは、ロサンゼルス五輪であった。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』