サイゾーpremium  > 限定  > 体重2倍以内でセックス可能!? 交配の謎...
ねずみ算式に増え続け、いまや全800種!!

体重2倍以内でセックス可能!? 交配の謎と2万年の歴史に迫る

+お気に入りに追加

──さまざまな種類が存在し、人間の生活と密接に関係している、犬。大型犬から超小型犬まで、大きさも姿形もさまざまだが、「イヌ」と名のつく以上、どんなカップルでも交配は可能なのだろうか? 犬の交配にまつわる謎を、2万年にも及ぶ犬の歴史とともに学ぶ!!

 全世界で推定4億頭ほど飼育されているといわれる犬。愛玩犬としてはもちろん、猟犬や牧羊犬、盲導犬、警察犬などとして、広く深く人間社会に溶け込んでいる。ペットフード工業会の調査(08年)によれば、日本でも1252万2000頭の犬が飼育されており、飼育世帯率は18.9%(約5世帯につき1頭)に達するという。

0809_kouhaizu.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
出典:越村章子らによる「アジア原産犬種および在来
犬の遺伝的多様性」(「在来家畜研究会報告(23)」
(2006年)の189-207ページより)(絵/河合寛)

 犬は、体重100kgを超す大型の個体から、2kgに満たない小型の個体まで、実に多様な品種に分かれているが、生物学的に見れば、すべて「イヌ(学名:Canis familiaris)」という同一種である。その祖先としては、ダーウィンの時代から、オオカミやコヨーテ、ジャッカルなどが挙げられてきたが、90年代末から00年代初頭、ミトコンドリアDNAの塩基配列を比較した結果、中国オオカミが犬に最も近いことが明らかになった。また、日本犬(柴犬、秋田犬など)や中国犬(チャウチャウなど)、北米アラスカ犬(シベリアン・ハスキーなど)はオオカミに近く、ヨーロッパ品種は比較的最近になって分化したものであることなどもわかった(オオカミと各犬種の分化については、(画像の系統樹参照)。では、オオカミは、いつ、どのような過程で犬へと分化したのだろうか。犬の起源に詳しい、田名部雄一・岐阜大学名誉教授に解説してもらった。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』