サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【なだぎ武&あべこうじ】──目標はキン肉...
ニュース
なぜ、この2人に白羽の矢が立ったのか?

【なだぎ武&あべこうじ】──目標はキン肉マン!?孤高の芸人2人が"声優"に開眼!

+お気に入りに追加
1012_abenadagi.jpg
(写真/早船ケン)

 R-1ぐらんぷり優勝のなだぎ武とあべこうじが、海外ドラマ『リスナー』で吹き替えに初挑戦した。同作は、人の心が読める救急救命士が難事件に挑むシリアスな内容。芸人2人をキャスティングした経緯が気になるが、とりわけ、なだぎ武×海外ドラマといえば、ビバヒルのディランのモノマネが頭をよぎる。

「僕は主人公の真面目な上司の役だったんですけど、やっぱりいつものくせが出ますね。『わかったか?』って普通に言えばええのに、『ンわかったか?』ってディランが入って『なだぎさん、"ン"は余計です』とか言われて」(なだぎ)

 対するあべが演じるのは、主人公トビーの相棒オズ。得意の漫談との共通点を 「オズは漫談してる時の僕に近くて、調子者で優しい。特に優しさがあふれてるとこなんて、まったく僕と一緒」(あべ)と語るように、こちらも、「ウザい」芸風に通じてる模様。さらに、今作の経験から、声優として新たな野望も生まれたとか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ