サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【デコロボ大戦】──夢の人型ロボットが、...
ニュース
いずれは「マクロス」のバルキリーもデコられる日が?

【デコロボ大戦】──夢の人型ロボットが、ギャル文化と融合......する!?

+お気に入りに追加
1011_dekorobo.jpg
一見すると、プリクラのような筐体の中は、ピンクや、パープルなどの色合いで、カラフル。ギャルに盛りが甘いと指摘されたロボットが、有線で、玉を運び入れる様は、どこか素朴で哀愁さえ漂いますなぁ。

 アトム、ガンダム、エヴァ……と、少年に夢と希望を与えてきたロボット。そんな憧れのロボットを自らの手で操縦するゲーム『デコロボ大戦』が誕生した。目の前のモニターと連動しており、次々と与えられるお題を、実際の二足歩行ロボットを駆使しながらクリアしていくこのゲーム。近未来型アーケード機としてマニアたちの注目を集めている。

「2005年の愛知万博以来、人型ロボットの開発が徐々に盛り上がってきたんです。そこで、エンターテインメントの分野でロボット技術を活用できないかと考えて開発したのが『デコロボ大戦』です」と語るのは開発会社メカトラックスの代表取締役・永里壮一さん。実際にプレイすると、ジョイスティックによる操縦は軽快で、気分はまさにパイロット!

 ところで、「デコロボ」という名前の通り、ギャルが飛びつきそうなデコをロボットに施したのはどうして? 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ