サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【荻上直子】──「癒そうと思って作ったわ...
ニュース
観客の求めるものは撮らない宣言!?

【荻上直子】──「癒そうと思って作ったわけじゃない」『かもめ食堂』の監督最新作公開中!

+お気に入りに追加
1010_ogigami.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/有高唯之)

「荻上の作品は癒し系だって言われるのは、なんか違う気がして。どこかで『癒してなるものか』と思っていたところがあるんです。私はただ真剣に生きている人たちを描いているだけで、癒そうと思って作ってはいなかったので」

『かもめ食堂』や『めがね』などでおなじみの荻上直子監督は、自作に対する世間の評価に、そこはかとない違和感を抱いていた。最新作『トイレット』からは、独特のユーモアやリズムはそのままに、これまでの作品とは少々違う印象を受ける。ひとことで言えば、攻めているのだ。撮影はカナダのトロントで行われ、キャストもスタッフもほぼカナダ人。北米で映画を撮ることは、カリフォルニアで映画製作を学んだ監督の夢だった。

「10年たって、今ならできる気がしたんです。外国で母国語ではない言葉で撮っても、今まで築いてきたカラーを一本通せるかどうかが、今回のチャレンジでした」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ