サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 吉本興業 大﨑洋社長に聞いた「ITは本...
ニュース
ウェブ時代に"売れる"芸人の条件とは?

吉本興業 大﨑洋社長に聞いた「ITは本当に儲かりまっか?」

+お気に入りに追加
1010_osaki.jpg
現場のスタッフやタレントたちからの信頼も厚い大﨑社長。そうした力もバックに、積極的に革新的事業を展開している。(撮影/田附愛美)

 吉本興業といえば、「お笑いの総合商社」として、長きにわたり日本のエンタテインメント産業のトップに君臨している企業だ。そんな同社は、コンテンツ企業としてはネット事業をいち早く積極的に展開してきた。折からのお笑いブームとも相まって、Yahoo!からニコニコ動画、携帯サイトにまで、いまやネット上には、吉本のお笑いコンテンツがあふれている。テレビや音楽、出版など、あらゆるコンテンツ産業がネットの普及による変革期を迎えている中、吉本の取り組みはどのような示唆を含んでいるのか?ネット事業は儲かるのか?今年2月に上場廃止を行い、より自由でダイナミックな経営が可能になった同社のIT戦略について、代表取締役社長の大﨑洋氏に話を聞いた。

──吉本興業が本格的にネット事業を展開し始めたきっかけは、どのようなものでしたか?

大﨑 大きかったのは、2000年にKDDIさんと「ファンダンゴ」という会社を設立したことですね。ちょうどネットによる技術革新が一般に浸透してきた頃で、パソコンや携帯電話向けに当社のコンテンツを展開したかったときに、技術面や膨大なサーバー負担面でサポートしてもらえるKDDIさんとご一緒できたのは幸運でした。06年には当初の予定通り、大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場できました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ