サイゾーpremium  > 限定  > 月刊サイゾー連載陣が語る、このサイゾーの...
プレミアサイゾー"8月無料キャンペーン"特別企画

月刊サイゾー連載陣が語る、このサイゾーの記事がオモロい!!──笹公人編

+お気に入りに追加

──現在、「夏だけの無料キャンペーン実施中!」のプレミアサイゾー。現在好調に会員数も伸びており、そのお礼......というワケではありませんが、ひとクセもふたクセもある本誌連載陣に、キャンペーン記念としてちょっぴりキッチュなオススメ記事を挙げてもらいました! 今回は気鋭の歌人・笹公人氏!!

0807_nenriki_nikkann.jpg
江森康之さんと笹公人さんのコラボ連載「念力時報」第1回のテーマは「ごくせん」でした。


1位
城下尊之×山口敏太郎の対談
(10年4月号『スキャンダルにつきまとう陰謀論と都市伝説の真相』より)

 オカルト作家と芸能リポーターによる、芸能界の都市伝説タブー(笑)に迫った記事ですが、特筆は、スピリチュアル界の怖い伝説。霊能力者としてテレビに出まくっていた宜保愛子さんや織田無道さんは、全盛期、除霊1回30万?50万円を請求していたそうです。ですが、「宜保愛子さんは晩年、耳がダンボのようにふくれて亡くなった。都市伝説ですけど」だったとか。宜保愛子とディズニーの取り合わせが素敵ですね。

 そう言えば、織田無道さんも、宗教法人の乗っ取りを画策し、虚偽の登記により逮捕され、最近では行方不明説も報じられました。

 霊で金儲けをする人間の末期は、ロクなもんじゃないんですね。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ