サイゾーpremium  > 連載  > 鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」  > のり弁って、どうして昔から、オカズが白身...
連載
鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」第49回

のり弁って、どうして昔から、オカズが白身魚とちくわのフライなんですか?

+お気に入りに追加

──知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を人気放送作家が直撃解決!

1002dakara_hokahoka.jpg

回答者 ほっかほっか亭総本部 様

 いよいよ腹まわりがヤバイことになってきた。以前買った冬物のコートを着ると、おなかのところだけがパッツンパッツン。昔っから裸になると「邪悪なキューピー人形」な小太りのカラダではあったが、腹まわりのみがまるで地獄の餓鬼のようにみっともない出っぱり方に。これはオヤジ雑誌「LEON」の提唱する「貫禄ボディ」と開き直る段階はとっくに過ぎちゃってるな。マジ、ヤバイっす!

 44年間、魂の赴くままに、好きな食いモン飲みモンを好きなだけ食い散らかしてきた報いか? 大体、知り合いのディレクターとかでも、スリムな体型を中年メタボ期に差しかかってるのに維持してる人って、「ビックリするぐらい食べることに興味がない」ってのが共通項だ。私のように、8種類のトッピングの具が入れ放題なことで立ち食いソバマニアに有名な「常盤軒」の名物「お好みソバ」が食べたくて、いてもたってもいられなくなり、わざわざ電車に乗ってJR品川駅の11番ホームまで遠征する──なんてことが日常茶飯事な食い意地はりまくりの人間からすると信ジラレナイ。作家仲間の中野"本当は怖い家庭の医学"俊成センセイが最近、ダイエットに成功。同い年の彼に刺激を受け、この冬、我流の「ぷちダイエット」を敢行することにした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ