サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > くりぃむの二人が、初の冠番組をゆる〜く振...
ニュース
伝説の番組『くりぃむナントカ』がDVD化!

くりぃむの二人が、初の冠番組をゆる〜く振り返る!

+お気に入りに追加
0911_kurimu_re.jpg
ふたりとものびのびしすぎ!?(撮影/有高唯之)
↑画像をクリックすると拡大します

 お笑い芸人にとって、自分たちの名前が付いた「冠番組」を持つことは、目標のひとつだという。くりぃむしちゅー、初めての冠番組は、2004年~2008年に放送された『くりぃむナントカ』(テレビ朝日系)だ。今、第一線で活躍する彼らにとっても、この番組は重要だったそう。

上田「『くりぃむナントカ』が終わったっていうのは、車の部品がひとつないみたいなもんで、僕らは今うまいこと走れてない感じがするんですよ。だから、早く修理から帰ってきてほしいなあと」

 と、上田は得意の例え話で番組への想いを語る。しかし、番組が始まった時点では、そこまで大きな期待を持って臨んでいたわけではなかったのだとか。

有田「もちろん若手の頃は、冠番組を持ちたかったですけど、ボキャブラブームが終わって、コンビ名が変わってとか、いろいろあってからは、もうあんまりそういうことを思わなくなっていたんですよね」

 そんなあきらめムードの中で、棚からぼた餅のように転がってきた冠番組。それを肩に力を入れずにやっていたら、番組そのものがどんどん面白くなっていったのだという。この番組では通常の彼らとは逆に、上田ではなく有田が司会を担当していた。

上田「言葉は悪いですけど、僕はこの番組に関しては、わりと無責任にやらせてもらってた感じですね」

有田「僕も司会側で無責任にやってましたね。しかも、スタッフもみんな無責任だったんですよ(笑)。みんながみんな遊びに来てるような感覚でしたね」

 9月30日、そんな『くりぃむナントカ』のDVDが発売された。

有田「この番組って、楽屋で雑談のつもりで話してたことが、そのまま企画になっていった感じだったんですよね。確かに今、こういう番組ってないんですわ。こういう『タモリ倶楽部』みたいな番組を、一生続けていけたらいいですね」

 彼らの欠けた車の部品を埋める次なるプロジェクトとは、いったいなんなのだろうか? (ラリー遠田)


くりぃむしちゅー
上田晋也(左、ツッコミ担当)と有田哲平(右、ボケ担当)によるお笑いコンビ。1991年に「海砂利水魚」の名前でコンビを結成。フジテレビのバラエティ番組『ボキャブラ天国』などに出演し、人気を博す。2000年にコンビ名を『くりぃむしちゅー』に改名。現在、ピンでの出演を含め、多数のレギュラー番組を抱えている。

0911_kurimu_dvd.jpg

『くりぃむナントカvol.1~3』
2004年にくりぃむしちゅー初の冠番組としてテレビ朝日で放送を開始し、独自の企画で人気を博した番組『くりぃむナントカ』が初のDVD化! さまざまな場所で、その場所にある間違い(ビンカンポイント)を回答する「芸能界ビンカン選手権」や有名人のファンを自称する芸能人が集まり、誰が一番のファンかを決める「第1回長渕剛ファン王決定戦」などの、人気コーナーが多数収録。(※画像はVOL.1) 発売/テレビ朝日 販売/アニプレックス 価格/各2940円(税込)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』