サイゾーpremium  > 連載  > 笹公人×江森康之の「念力事報」  > 芸能界麻薬汚染に当局のメスが入る! 終わ...
連載
念力事報 第16回

芸能界麻薬汚染に当局のメスが入る! 終わらない押尾、のりピー事件の闇

+お気に入りに追加

──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ。

笹公人(歌)
1975年7月8日、東京都生まれ。17歳の頃、作歌を始める。04年、未来年間賞を受賞。代表作に『念力家族』(インフォバーン)など。近著に『抒情の奇妙な冒険』(早川書房)、絵本『ヘンなあさ』(絵・本秀康/岩崎書店)など。

江森康之(写真)
写真集に『赤目四十八瀧心中未遂』(リトル・モア)がある。

押尾、のりピー事件
世間を賑わせた押尾学が麻薬取締法違反、酒井法子が覚せい剤取締法違反で逮捕、起訴された問題。スポーツ新聞、週刊誌などを中心に、芸能界の麻薬ルートの解明と撲滅が叫ばれた。押尾被告は10月23日、酒井被告は10月26日にそれぞれ初公判を迎える。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号