サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 仕組まれた石田・東尾熱愛報道と父親が仕切...
ニュース
本当に結婚できるのか?

仕組まれた石田・東尾熱愛報道と父親が仕切るゴルフ醜聞事情

+お気に入りに追加
MEMO石田・東尾熱愛報道
7月15日にスポーツ紙などで一斉に報じられた、俳優・石田純一と女子プロゴルファー・東尾理子の熱愛。東尾の実父で、元西武ライオンズ監督の東尾修氏と石田が4歳しか違わない22歳という年齢差も話題となった。ちなみに石田は阪神ファン。

 石川遼選手らの活躍により、近年活気づいている日本ゴルフ界。宮里藍、横峯さくらといった、女子ゴルファーはタレント的な人気を集めているが、かつて、一部で報じられた"ギャルゴルファー"こと金田久美子のキスプリクラ写真流出など、熱愛ゴシップも話題になっている。そんな中、先月15日にスポーツ紙1面で取り上げられたのが、俳優・石田純一と、元西武ライオンズ監督・東尾修の愛娘でプロゴルファーの理子の熱愛だろう。そもそもは、「週刊現代」(講談社/8月1日号)によるスクープのはずだったが……。

「スポーツ紙が交際発覚を打つ前日、情報をつかんでいた『週刊現代』が石田本人に直撃したんだ。本人は一度は否定してみせたんだけど、決定的な証拠を提示されたんだろう、翌日、いきなり石田が自身のブログで交際宣言をしてしまい、スポーツ紙の1面に『真剣交際』『結婚へ』の文字が躍った」(芸能リポーター)

 タレントとスポーツ紙が口裏と足並みをそろえた"芸能界らしさ"が表れた象徴的なスクープとなったが、「週刊現代」はせっかくの特ダネを抜かれた格好となった。

「実は、石田と理子の熱愛は、各スポーツ紙の芸能記者やゴルフ記者らが握っていた話。でも、石田本人が『(理子の)父親と話がついていないから、まだ書かないで。落ち着いたらちゃんと場を設けて、なんでも話すから』と記者連中に懇願していた。マスコミ掌握術に長けた石田のこと、父親への挨拶が終わったら大々的に発表する予定だったんだろう。それを『週刊現代』が口火を切ったため、慌ててブログで交際を認め、各紙が一斉に報じたんだよ。石田本人もフランスにいるのに、『いまパリのシャルル・ドゴール空港にいます。とりあえず緊急で発表させていただきます』だからね(笑)、相当あせったんじゃないかな?」(同)

 こうして公になった2人の熱愛だが、これを歓迎しない向きも少なくないようだ。

「理子ちゃんのコーチ、江連忠さんですよ。彼女は06年に肩の手術をして以来、不調が続いており、スイングから修正すべく、昨年から片山晋呉や上田桃子を育てた名伯楽・江連氏に師事しているんです。3年ぶりに復調したかに見えた矢先に、今回の熱愛報道ですからね。江連さんも交際のことは報告を受けておらず、その日の新聞報道で知ったそうですが『恋愛を禁止するつもりはないけど、ゴルフの肥やしにするべきだ。成績が悪いと励ましてくれるって言ってるそうだけど、励ますだけでスコアが伸びるほど甘い世界じゃない』と周囲に漏らしていたようですね」(スポーツ紙運動部記者)

 石田と東尾親子は、しばしば3人でコースを回っていたという、10年来のゴルフ仲間。

「何がきっかけで熱愛に発展したのかはわかりませんが、江連さん同様、修氏も快くは思っていませんよ。22歳という年齢差やこれまでの石田の女性関係を考えると当然でしょうが、理子ちゃんの必死の説得で首をタテに振り、結婚も許可したそうですけど」(同)

 美人ゴルファーがタレント並みの話題を振りまく中、恋愛に関しては世の女子同様、父親への"アプローチ"が勝負の分かれ目になっていくのだろう。
(岩木昌久)

宮里藍に結婚情報が?

女子プロゴルファーの中でも好感度が高いのが、宮里藍選手。そんな彼女に結婚情報が囁かれている。写真週刊誌などですでにツーショットが撮られているZ君という人物で、在米中の宮里選手のマネージャー。「1勝するまでは(2人の動きは)何もない」というのが藍ちゃんの実父・優さんの口癖だったが、先月の米ツアーで見事初優勝。今秋あたり、電撃結婚をスポーツ新聞のゴルフ担当記者がかぎ回っているという。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ