サイゾーpremium  > 連載  > 徳光正行と岩井志麻子の「愛のズルむけい地」  > 裸一貫で生きる男と女 奔放人生のススメ
連載
正行&志麻子の「愛のズルむけい地」第24回

裸一貫で生きる男と女 奔放人生のススメ

+お気に入りに追加
0908_zurumuke.jpg

正行 いやー、今月は生と死について、つくづく考えさせられた1カ月でした。

志麻子 あら、すごい哲学的ですね。

正行 プロレスラー・三沢光晴選手の死というインパクトの強い出来事があったので、いろいろ考えてしまったんですよ。

志麻子 プロレスラーがリングで死ぬのって、ある種名誉なことじゃないの?

正行 三沢さんは家族もいたし仲間もいたし、ノアの社長でもあったから、心残りだったと思います。テレビ中継がなくなったり、ノアも大変な時期ですからね。個人的にも三沢さんにはお世話になりっぱなしだったので、恩返しできなかったのが悔しいですよ。本当にいい漢だったんですよ、キャバクラで嬢のおっぱい揉んでも怒られないくらい。僕がやると黒服呼ばれちゃうのに、人間の格が断然上だから、女のコも許しちゃうんですよね。僕も、三沢イズムを継承していきたいと思います。

志麻子 話は変わりますが、徳光さん、浅草ロック座でナマ小向美奈子ストリップを見たんですよね!どうでした? 「FRIDAY」の盗撮写真を見ると、ちょっと体つきがユルめかなぁと。

正行 そこがかえってなまめかしくてよかったですよ。

志麻子 「キレイな体」について考えると、安達祐実母娘ってすごいなぁと思うんですよ。同じような2つのボディに乗っているのが、片や子役時代から変わらないロリ顔で、片や老婆……。どちらもアンバランスで中間がないんですよね。

正行 それは家系でしょうね。でも、母のほうは整形に600万円かけたそうじゃないですか。 

志麻子 普通なら、600万つぎ込んで20年落ちのカローラを改造するより、新車のセルシオを買ったほうがいいと思うでしょう?ポンコツにいくら金かけても新品にはならないのに……不思議な価値観だわ。

正行 小向美奈子も、これからどんどん美しいボディになっていくんでしょうけど、AVにだけは出ないでほしいですね。裸一貫で、踊り子道を極めてほしいです。

志麻子 AVだと、どんな男がどういう気持ちで見てるかわからないけど、ストリップなら視線がじかに感じられますから、より磨かれるんじゃないかしら?

正行 限られた場所で、お金を出した人だけが生で見られるプレミアム性を大事にしてほしいですね。

志麻子 私も知人に"花電車"(女性の陰部で、吹き矢などの芸をする演目)をやるストリッパーさんがいて、(アソコで吹く用の)ラッパをもらったんだけど全然吹けないのよ。あれはすごいわ~。

正行 すでに伝統芸ですよね。小向のステージは、寝てるところから始まるんですが、目覚めるとダンサーさんたち全員が迎えてくれるんですよ。「ようこそ、この世界へ」って感じで。ダンスは下手だし体もユルいけど、みんなで「彼女を歓迎するにはどうしたらいいか」って真剣に考えて作ってる感じがして、ちょっと感動しちゃいました。女性でも全然OKの、素敵なショーでしたね。

志麻子 脱ぐだけじゃなくて、ちゃんとストーリーがあるんですね。私が以前に見たのはバンコクの男性ストリップなんですが、最初から全員ガンガンに勃起させてるんですよ。らせん階段をその状態で降りてきて、そのまま前の男の尻の穴に入れてつながるんです。鎖みたいに。

正行 キース・ヘリングの絵みたいですね(笑)。

志麻子 それでポールダンスをしたり、アクロバットめいたこともやるんだけど1回もチ○コが抜けないの! まぁこれは極端でしょうけど、ストリップは小向美奈子の登場でまた脚光を浴びるかもしれませんね。

正行 やっぱり生はいいですよ。まぁ、おっぱいを出してたのは、たった1分21秒ですが。

志麻子 計ったんですね(笑)。

正行 テレビ局のスタッフがいたので、つい彼が職業病で(笑)。でも、このままどんどんはい上がっていけたら、最高にカッコイイ女になれるんじゃないかな。オーラもすごいし。執行猶予満了までは、オマ○コ出さなくても許してあげますよ!


チ○コがミ○キーに見える!? おクチ上手な女の条件

志麻子 もともと彼女は何かを持ってる娘なんでしょうけど、どこで差がつくんでしょうね?

正行 うーん、中学生からこの業界にいて、ヤンチャな大人とのつながりはあったでしょうが……。まぁ、判決後に「普通の女の子のようにバイトしたい」って言ってましたが、それは無理でしょう。「金髪可」なバイトはあっても「ヤク中可」はないですから。むしろ破天荒に生きてほしい。加賀まりことか高橋恵子とか、カッコいいじゃないですか。昔、売春で捕まったことがあるといわれる女優が今や超大御所で、国民栄誉賞とかもらっちゃう時代ですし。

志麻子 若い男も食い放題ですもんね。知人で、「高校時代は誰からも一目置かれるヤンキー美少女で、東京に出てからも有名外資系の副社長や大手企業の息子とかをブイブイ言わせてた」と豪語してる女性がいるんですが、昔の彼女を知ってる人によれば「本当はすごいイモ姉ちゃんで、金もないのに、さらに金のない男を飼ってたんだよ」って。でも彼女は断じて認めないのね。

正行 うーん、カッコいい女って、表面的なことじゃないのになぁ。あと、美奈子はすっごいフェラチオがうまそうな顔してるのもポイント高いですよ。

志麻子 知り合いの元ホストがハマったレモンちゃんっていう風俗嬢がいるんですが、超デブスで、頭の中身もカブトムシくらいなのに、フェラが神技なんですって!女に関しては百戦錬磨の元ホスト君も「レモンのフェラを知る前と後では、俺は違う人間だ!」とまで言うほどで。彼にとっては明治維新が起きたようなものですよ。

正行 レモンちゃんは坂本龍馬なんだ(笑)。でも、他人にそれだけのインパクトを与えられるなんて、素晴らしいじゃないですか。フェラには情念が重要なんですよ。舌の構造とかじゃなくて、いかに濃い愛情を込められるかという。

志麻子 「好きな男についてるモノだから好き」なわけじゃなくて、チ○コそのものが好きってこと?

正行 おチ○ポがミ○キーやス○ーピーに見えるほど(笑)。「食べちゃいたいほど可愛い」って言うじゃないですか。それに美奈子は援助交際世代だから、10代のうちから妙なエロさがあるんですよね。フェラだけじゃなくて、全部うまいんじゃないかなぁ? 好き嫌いは激しそうだけど。どうでもいい男にはキスもしないで、挿入されながらケータイいじってそうだし。

志麻子 ところで、徳光さんは、どこでフェラの上手下手を見分けるんですか?

正行 うーん、経験と妄想力ですかね。僕、トラックの女性ドライバーが大好物なんですが、見た目がレディース系なだけで「女子刑務所に入ってたんだろうな」とか、瞬時に妄想できるんですよ。あと、わかりやすいところだと、ハスキーボイスとか、声がセクシーな女性ですね。ディープスロートで喉を駆使してるからうまいハズ! 倍賞美津子なんて、アントニオ猪木やショーケンのをくわえ倒してたわけだし。

志麻子 ならスーザン・ボイルは?あの喉こそ、世界の頂点でしょう!中瀬ゆかりタン(「週刊新潮」編集部長)に、「徳光さんがウケる結婚をするつもりなら、彼女くらいじゃないとダメ」って言われてましたもんね。

正行 それまで「藤原紀香程度でウケるかな?」って軽く考えてた自分が恥ずかしいです(笑)。

志麻子 それにスーザンは処女だそうじゃないですか。女の悦びを教えてあげられますよ!

正行 僕があの歌にさらに磨きをかけたいですね(笑)。あ~、三沢さんも加えた3人で、こんなバカ話したかったなぁ。小向のストリップ報告をしたら「乳首、どうだった?やっぱりピンク?」とか、うれしそうに聞いてくれたと思うんですよ。


<今月の業人間♂>

下ネタさえも愛された、男が惚れる男
三沢光晴
プロレスラー。1962年、埼玉県生まれ。81年、全日本プロレスに入門し、84年、2代目タイガーマスクとして華々しくデビュー。受け身の巧さで一躍人気者になる。川田利明らと共に「四天王」と呼ばれ、一時代を担う。99年、ジャイアント馬場の死去により同社社長に就任するも、馬場夫人との確執で脱退、翌年「プロレスリング・ノア」を旗揚げ。今年6月、試合中の事故により死亡。享年46歳。

<今月の業人間♀>

BUBKAではとっくにアソコまで"ご開帳"済み!?
小向美奈子
元グラビアアイドル。1985年、埼玉県生まれ。渋谷でスカウトされ、00年デビュー。"正統派美少女顔なのに豊満ボディ"というギャップの魅力で頭ひとつ抜け出し、ドラマやバラエティなどでも活躍。一方、ヤンチャな伝説にも事欠かず、08年には所属事務所から解雇。週刊誌で「グラドルの副業は売春」と告発し注目されたが、09年、覚醒剤所持で逮捕。執行猶予中の今年6月、ストリップデビュー。


<プロフィール>
とくみつ・まさゆき
1971年、神奈川県生まれ。タレント。徳光和夫の二男。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)でカルト的人気を得、現在は土曜日『スペチャ!』(スペースシャワーTV)、月曜〜金曜日『ザ・ゴールデンアワー』(東京MXテレビ)のメインMCなどで活躍中。「まさゆキズム」〈http://www.sato-kikaku.co.jp/tokumitsu/〉

いわい・しまこ
1964年、岡山県生まれ。少女小説家を経て、99年、『ぼっけえ、きょうてえ』で、日本ホラー小説大賞を受賞し再デビュー。媒体を股にかけ、エロと恐怖を本音で語る最凶オバハンキャラとして活躍中。『5時に夢中!』の木曜レギュラー。代表作は『タルドンネ 月の町』(講談社)、『べっぴんぢごく』(新潮社)。〈http://www.shimakoteikoku.com/〉


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集