サイゾーpremium  > 連載  > 鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」  > ボックスティッシュの1枚目が2枚以上取れ...
連載
鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」第43回

ボックスティッシュの1枚目が2枚以上取れてしまうのですがなぜですか?

+お気に入りに追加
0908samehadatexxsyu.jpg
photo by june29 from flickr

今回の回答者 王子ネピア株式会社 お客様相談室 様

 このところ、めったやたらに「ECO」番組を連発しているテレビ業界ほど実は地球にやさしくない業界はないと思う。特に番組制作の現場においては、とにかくものスゴイ量の紙資料が使われる。

 たとえば、旅番組を1本作るとしよう。「一体どこを旅すればいいのか?」を決める段階で、担当のADから挙がってきた候補地の見ドコロをまとめた資料が、我々放送作家やディレクターの目の前にバサ~ッ!リサーチ会社に頼めばもっと絞って持ってきてくれるのだが、その分お金がかかる。で、代わりにADがネットで検索し、なんの吟味もせずただプリントアウトしただけの資料を提出するので、そんなことになってしまうのである。ヒドイのになると、紙資料が電話帳ぐらいのブ厚さのときもある。

 ある小さな制作会社の社長に聞いたのだが、コピー代だけで月に50万円以上もかかるので「こりゃタマラン!」とプロジェクターで会議資料を会議室の壁に投影する方式にしたところ、これが外部スタッフに大不評。人間って何かモノを考えるときにそんな学校の授業みたいな形ではイヤなんですね。資料は自分の手元に置いて、メモのひとつも取りながら見たいというか。

 ここまで読んで「テレビの人って、いまだにそんなアナクロ原始人な方法で会議やってんのか!?」とあきれたビジネスマンの皆さん、それ正解! みんなでノートパソコンを持ってきて、メールで資料を共有すれば、一発でペーパーレスになることぐらい知ってます。でも永年の現場の慣習で、なかなかそうならないんですよ。いやホント。

 今回は、そんなECO関係のギモンを取り上げてみたい。これはアナタにも必ず経験があるハズ!
 だから直接、王子ネピア株式会社お客様相談室に聞いてみた。

 『ボックスティッシュの1枚目を引き抜いたとき、かなりの確率で2枚以上取れてしまうのですが、どうにかなりませんか?』

担当者 さようでございますか。どのようなティッシュでしょうか?400枚200組のものでしょうか?

──一般的に市販されてる大きさのものです。

担当者 400枚200組のものですね。では、1枚目を引き抜くときにそのまま上に引き抜くのではなく、横に引き抜いていただけると、うまく1枚目を取れるのではないかと思います。

──1枚目の取りやすいティッシュとか、開発したりしてないんですか?

担当者 そういった商品はありませんが、取りやすさで言いますと、400枚200組よりも、320枚160組のほうが取りやすいと思います。

──それはどうしてですか?

担当者 量が少ない分、箱の内部に隙間がありますので、ティッシュ同士の密着も少ないからです。

 聞けば今のティッシュ業界は「なるべく箱を小さくして、従来と同じ量の紙をムダな空気を含まないように圧縮して入れていく」MSS製法という技術が主流らしい。そりゃ1枚目が取りにくくなるのは当たり前!初めからギュウギュウ詰めなんだから。でもそのせいで、誤って2枚以上取れるのは永遠になくならない!?

担当者 ……そうかもしれませんが……。(紙の)資源のことなどもありますので。箱の大きさも、昔と比べて少しずつ小さくなっていってます。

 ティッシュ業界は、テレビ業界の100万光年も先んじて、スリム化の道を突き進んでいたのであった。「1枚目は、上ではなく横に引き抜け!」──今のところ担当者に教えられた極意を会得するほか、我々に道はなさそうである。

[王子ネピア株式会社(その1)]
1971年に創業した、王子製紙株式会社の家庭紙販売を請け負う子会社。翌年、ネピアのブランドでティッシュペーパー、タオルペーパーを発売。ちなみにクオリティフリーペーパー「R25」によると、ティッシュが2枚重ねの理由は、薄い原紙の強度をアップさせるためだという。

さめはだ・もんぢゅ
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。この前、棒つきのアイスキャンディーにかじりついたら「パキッ!」。なんと前歯が折れてしまいました。3年ぶりに歯医者通いをするはめに。新しく差し歯ができるまで、前歯のない相当なマヌケ面で過ごす日々です。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』