サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > タイの最強カンフー美少女も恋愛面ではとっ...
ニュース
日本男子よ、南の国の美少女にひれ伏せ!!

タイの最強カンフー美少女も恋愛面ではとっても控えめ!!

+お気に入りに追加
0906_cfile_kangfu3.jpg

 昨年2月に本国で公開されて以降、世界のカンフーアクションファンの話題をさらっていた、タイ映画『チョコレート・ファイター』がついに日本上陸!これまでも『マッハ!』や『トム・ヤム・クン!』でド迫力アクションを描いてきた、プラッチャヤー・ピンゲーオ監督が主役に選んだのは、「ジージャー」なるアイドルのような可憐な少女。だが侮るなかれ、彼女はバンコクのテコンドー大会で金メダルを獲得したこともある、本物の最強美少女なのである。

「子どもの頃は身体が弱かったから、お母さんに勧められて当時タイでブームだったテコンドーを始めたの。そしたら本当に元気になっちゃった(笑)」

 身体能力の高さを見いだされて、この映画のために4年間もの特訓を重ねてきたジージャー。格闘技の強さだけでない、彼女のまっすぐな芯の強さが、母親を守るために闘う本作のヒロイン・ゼンの姿と重なり、映画が公開されるや否や、本国タイでは"ジージャー旋風"が巻き起こった。一躍スターの仲間入りを果たした今、彼女の目下の悩みは、恋愛をする時間がないこと。ちなみに、男性はやっぱり強いほうがいい?

「腕っ節の強い男性は好きじゃないかな。それよりも、おとなしくて浮気をしなくて働き者で、そして家族を愛してくれる人。条件は4つだけ、少ないでしょ?(笑)」

 おどけて笑う彼女は、生傷だらけのヒロインとはほど遠い、キュートな女の子。そんなギャップもまた、新時代の格闘ヒロインの魅力なのだ。
(エリンギ)

じーじゃー
1984年、バンコク生まれ。本名はヤーニン・ウィサミタナン。96年にバンコク・ユース・テコンドー大会で金メダルを獲得した才能を見込まれ、本作で映画デビュー。得意技は後ろ回し蹴り。

0906_cfile_kangfu2.jpg
© 2008 sahamongkolfilm international all rights reserved. designed by pun international

『チョコレート・ファイター』
最愛の家族のために闘う、自閉症の天才格闘少女・ゼンを演じたヒロイン・ジージャーのノースタントアクションは、公開前から世界中のアクションマニアの間で話題沸騰! ゼンの父親役として、日本から阿部寛が出演している。
監督/プラッチャヤー・ピンゲーオ アクション指導/パンナー・リットグライ 出演/ジージャー、阿部寛、ポンパット・ワチラバンジョン ほか


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』