サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 真っ赤な鎧兜でテクノ?  DJ徳川家康、...
ニュース
戦国武将ブームの新基軸!

真っ赤な鎧兜でテクノ?  DJ徳川家康、いざ出陣!

+お気に入りに追加
0905_DJtokugawa.jpg
なんとも言えぬ絶妙な違和感がステキ

 手に刀、片手にターンテーブル。真っ赤な鎧兜に身を包んだ"もののふ"が、DJブースに舞い降りる。乱舞する忍者軍団を従えて、DJ徳川家康、いざ出陣!

 テクノと戦国武将という激しすぎるミスマッチが密かに話題を呼んでいる"徳川家康"。その正体は"和"をテーマに、ミニマルなテクノチューンをリリースし続けるレーベル「WC Recodings」を主宰するSalmon氏。自らもアーティストとして、日本のみならず海外から数々の曲をリリースするなど活躍中だ。お蔵入りしていた曲をコミュニティ・サイト「MySpace」で発表するとき、遊び心で徳川家康という名前を使ったのが、そもそものキッカケだという。

「今のテクノのシーンはお客さんもアーティストもすごくシリアスなんです。そんな状況に自分が飽きていたので、パーティーにもエンターテインメントの要素を入れてみようと。イチかバチかでしたけど、ドカンと受けましたね(笑)」

 34歳のSalmon氏は、ゲームの『信長の野望』にもハマッていた戦国時代好き。大勢の武将の中から家康を選んだ理由は、物腰の柔らかさとストイックさが今の日本にマッチしていると思ったからなんだとか。ちなみに、鎧は時代劇専門の貸衣装業者からレンタルしている。

「この前はクラブに馬を入れようとしたんですが、それはさすがにクラブ側から止められました(笑)」

 関ヶ原でレイブを行うのが夢と語るSalmon氏。馬に乗って駆けるDJ徳川家康! 見たい!(大山くまお)


0905_saimon.jpg

Salmon/DJ徳川家康
WC Recodings主宰。DJ/LIVE/プロデューサー。代官山UNITでレギュラーパーティー「WC」を国内外のアーティストとコラボレーションして展開、オーガナイズを手がけている。国内外のトップDJから多くのサポートを受け、さまざまな分野から注目を集めている。今年はニューアルバムのリリースが、3タイトル予定されている。次回のWC Recodingsのパーティーは6月26日(金)/代官山UNIT。詳細は、WC Recordings〈http://www.wc-r.com〉にて。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ