サイゾーpremium  > 連載  > 読者的  > サイゾーは何系の雑誌なのか!?
連載
読者様より編集部へ愛のムチ

サイゾーは何系の雑誌なのか!?

+お気に入りに追加

 10月号から購入し始めました。その号は企業特集だったので、「サイゾー」自体カタめの雑誌なのかと思っていたら、11月号はマンガ特集で、12月号は芸人特集。3号読みましたが、結局何系の雑誌なのか全然わかりません。どっちにしてもちょっとオカしい記事ばっか載せてることには変わりないみたいですけど。気になるので、しばらくはせっせと読みます。それにしても、定価、ちょっと高くないですか?
(名古屋市名東区 ピロリ)

 僕は12月号表紙の北乃きいちゃんにひかれて買ったのですが、きいちゃんの衣装がほかの雑誌ではあまりないものだったので、不思議な感じでかなり可愛かったです。これからも、きいちゃんの記事や企画をお願いします。ほかの記事も読ませていただきましたが、面白いものが多くて満足してます。特にザコシショウの記事の「MCの2人と芸人を会わせたくないらしいです」というところで、「やっぱ、『あらびき団』はなんでもありなんだなぁ......」と、あらためて感じました。雑誌であまり『あらびき団』関連の記事は見たことがなかったので、目次で見つけたときは、なんかうれしかったです。
(三重県伊勢市 ナカツ)

 芸人特集(12月号)、面白く読みました。若者向けカルチャー誌にありがちなお笑い芸人特集とは一線を画した、いかにも「サイゾー」目線な切り口で感心しました。カキタレとか、M1出来レース説とか。あと、余談なんですが、特集の一番最初のページに描かれているおばあさんのイラストは、赤塚不二夫に似てますよね?
(山形県天童市 ホル・マリン)

 もうそろそろ、ジャニーズネタはいいんじゃないでしょうか。最近の記事は、なんかこじつけっぽくなってきてるような気がしますし、読んでるほうも食傷気味です。だんだん事務所の神通力も弱まってきてるわけだし、ジャニーさんが亡くなれば自然と瓦解しますよ。時間の問題です。
(山梨県富士吉田市 梶井律子)

 近頃の「サイゾー」では、ハイジニーナのグラビアしか印象に残っていないような......(最初は「アルプスの少女ハイジ」からとった、ロリ系の言葉かと思った)。それだけ記事のひとつひとつの力が、以前と比べて弱まっているのかも。紙メディアの将来について、もう一歩つっこんだ記事を読みたい。
(東京都中野区 コーチン)

 非常にシビアな視点で記事を作っているところが、好感を持てました。個人的には、山本モナがなんか許せないです。あの「タダでは起きない」図々しさに呆れます。またMBAかなんかの資格を取ったら、みんながチヤホヤするのでしょうか。それに、モナは二岡の奥さんに謝罪したのでしょうか。いまだに釈然とせず、このままでは年を越せませんね。
(岐阜県各務原市 尾関宏保)

 毎号とても中身の濃い内容ですが、さぞ、編集部内は大変なことになっていると思います。僕も少し前まで、某風俗雑誌で誌面デザインをしていました。どうかスタッフのみなさん、お体に気をつけてこれからも面白い雑誌を作り続けてください。
(福岡県糟屋郡 フレディ・マキトピア)

 今年のヤフーの検索ワードランキングのトップが「You Tube」だそうです。去年は「mixi」。......こういうワードを検索している人々は、"ブックマーク"を知らないんですか? それとも、何か別の理由があるんでしょうか? 気になります。
(奈良県桜井市 夢を打ち砕く象)

 年末年始だなんだっつって、飲み会が増えるのがマジでイヤです。バイト先の社員のおっさんたちが、やれ忘年会だなんだと飲み会を開いて、「親睦を深めよう」なんて言っちゃって、学生のバイトもそこに呼びたがるんだけど、こっちは金ないんだっつーの。飲み代払ってくれるならまだしも、完全に割り勘だし。『大人げない』ってこういうこと言うんじゃないかと、バイトの間でもっぱらの評判。20歳くらい年齢も違うんだし、そこは気っ風の良さを見せてほしいところ。とりあえず、自分が社会人になったら、後輩の飲み代くらい払ってやれる人になりたい。
(東京都品川区 上目黒)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ