>   > 友清哲のビールの怪人【2】/和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1808_IMGP2593_300.jpg
『麹でつくる甘酒のレシピ』(池田書店)という著書もある堀澤宏之さん(45)。月曜定休。シンキチ醸造所は、JR高崎駅から徒歩で約15分。和食のつまみと常時3種の自社製クラフトビールを堪能できる。

 白衣観音で有名な群馬県高崎市にシンキチ醸造所がオープンしたのは、今からちょうど2年前のこと。

 なんでも、オーナーブルワーの本業は料理人で、著書まである和食の本格派だという。これはこだわりあふれるビール論にありつけそうだと、早速取材に出向いたところ、いただいた名刺を見て、まず意外に感じてしまったことがある。

 お名前は堀澤宏之さん。てっきり“シンキチさん”が登場するものと思い込んでいたのだが……。

「これ、大昔にあるキャバ嬢から『うちのおじいちゃんに似てる』と言われたのが由来なんです。そのじいさんの名がシンキチさんで。なんとなく印象に残っていたので、年を取ってもビール造りを続けられていればいいなという願いを込めて、店名に拝借しました」

 特にお気に入りの嬢だったわけでも、長く通い詰めた店でもないそうだから、当のキャバ嬢が知ったらびっくりだろう。

 ともあれ、これはやはりただ者ではなさそう。まずは料理の世界へ進んだワケから聞いてみた。

「もともとは教師になるつもりだったので、大学は教育学部に進みました。ところが教職を学べば学ぶほど、自分にはこの仕事は向いていないと感じ、卒業後は農業をやろうと思っていたんです。でも、当時は今のような就農ブームもなく、周囲は猛反対。ならば、食材の加工技術を身につければつぶしが利くだろうと考えたのが、和食の道に進んだきっかけです」

 果たして、20代半ばにして故郷の群馬県伊勢崎市で割烹店を開いた堀澤さんは、2014年に高崎市に移り、現在はこのシンキチ醸造所のほか、駅前に和酒バル「ザブン」を経営中。そんな中、クラフトビールの自家醸造を思い立ったのは、ひとえに「和食に合うビールが存在しないから」だという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』