>   >   > 歴史を変えた【報道写真】の光と影

――報道写真の歴史を代表する1枚、ロバート・キャパの「崩れ落ちる兵士」は、戦闘中の写真ではなかったことが現在では確実視されている。そしていま、デジタル技術の進化によって、報道写真の加工処理が問題となっているという。フォトジャーナリズムは、どこに向かおうとしているのか? 最前線の報道写真家にフォーカスし、その現状を読み解く。

1806_houdou1_2a_520.jpg
イスラエル軍戦車に発砲していたパレスチナ武装勢力のメンバーが、イスラエル兵に狙撃され死んだ。ラーマッラー・西岸地区・パレスチナ。2002年。(広河隆一『新・人間の戦場』より)

 4月17日。ニューヨークのコロンビア大学で発表されたピュリツァー賞。1917年の開始から101年目を迎えた今年、特集写真部門を受賞したのは、ロイター通信が撮影した、ミャンマーを逃れるロヒンギャ難民を写した写真だった。

 ミャンマー政府によって、市民権や就学、受診など、国民としての基本的な権利を奪われたロヒンギャの民は、軍の掃討作戦が始まったことで、生まれ育った土地を捨てざるを得なくなった。

 子どもや老人らが、わずかな全財産をまとめた荷物を背負い、列をなして逃避行を続けるその姿は、フォトジャーナリストの広河隆一氏が発行人を務める雑誌「DAYS JAPAN」(デイズジャパン)5月号に掲載、「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018」の受賞作品にも映し出されている。さらに同賞の受賞作品には、ほかにもイラク・モスルでISとの戦闘から逃げ惑う人々を写したショットや、シリアの内戦で瓦礫と化した街の姿もある。

 日本から遠く離れた危険地域で、今まさに起こっているこうした現実は、報道カメラマンたちが現地へ撮影に赴かない限り、私たちは見ることができない。だが、広河氏によると、こうした報道写真の発表の場は、世界的にどんどん減ってきているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』