>   >   > つんく♂退任が発端?モー娘。&ハロプロの醜聞が相次ぐワケ
ニュース
騒動の裏に確執あり?

つんく♂退任が発端?モー娘。&ハロプロの醜聞が相次ぐワケ

+お気に入りに追加

つんく♂退任はむしろ好転……?

14年10月、ハロプロの総合プロデューサーから退いたつんく♂。音楽業界からは、「小室哲哉の全面プロデュースから卒業した安室奈美恵のようだ」という意見も。固定のプロデューサーで曲を作り続けるのは、一定の安定感がある一方で、新規ファンを獲得するのは難しいといわれている。


1802_tsunku_200.jpg
「だから、生きる。」(新潮社)

 モーニング娘。が所属する「ハロー!プロジェクト」(以下、ハロプロ)に関する暗いニュースが相次いだ17年。5人組アイドルグループ・℃-uteの解散、8人組のこぶしファクトリーという新人アイドルグループでは、メンバーの男性との2ショット流出スキャンダルが発覚し、1年間で3人が脱退した。そうした騒動の裏には、「つんく♂がハロプロの総合プロデュースを退いたからでは?」という見方が浮上している。

 詳細は後述するが、つんく♂は14年3月に喉頭がんに罹患していることを公表。同年10月には、ハロプロの総合プロデュースから退いていたことを、著書『「だから、生きる。」』(15年/新潮社)の中で告白している。その退任を促したのが、ハロプロを擁すアップフロントグループの会長、山﨑直樹氏である(同氏は滅多に表舞台に出てくることがないため、ジャニーズのジャニー喜多川氏やバーニングの周防郁雄氏ほどの知名度はないが、業界では“金にうるさいヤリ手”【1】として知られている)

 実はこの動きは、ウェブメディア〈リテラ〉に掲載された記事「ハロコンからつんく♂楽曲が激減!」によって注目され、ファンはもちろん、音楽業界でも波紋を呼んだ。そこで見えてきたのが、つんく♂と山﨑会長の確執だ。記事を要約すると、昨年1月に開催されたハロプロメンバー総出演のコンサート(通称「ハロコン」)のセットリストから、つんく♂の手がけた曲が激減。その原因が、つんく♂が代表取締役を務めるアップフロントの関連企業「TNX株式会社」の音楽制作以外の業務(飲食業や化粧品販売等)による赤字経営を山﨑氏が問題視したことだという。その結果、つんく♂を総合プロデューサーから外し、ハロコンからも関連曲を減らすことで、「切り捨て」が本格化したというものだ。

 果たして、先述の暗いニュースは、つんく♂が総合プロデュースから退任したことと因果関係があるのだろうか? ハロプロ関連に詳しいレコード会社勤務A氏が語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』