>   >   > 外国人向け風俗ガイド入門【1】/【海外】で紹介される日本の性風俗

2020年に東京五輪を控えた今、中国人観光客が「性の爆買い」という名のもとに、風俗店に殺到しているといわれているが、彼らは一体、どこで日本の風俗を知ったのだろうか? ここでは海外のガイドブックやネットメディアなどで紹介される、日本の風俗情報を見ていきたい。

1801_kabukicho_200.jpg
『歌舞伎町案内人』(角川書店)

 訪日観光客は2013年から毎年1000万人を超え、“インバウンド”の名を冠したサービスが乱立しているというのは、街を歩けば容易にわかるだろう。

 11年から円安が始まり、ビザが取りやすくなった影響で日本に来やすくなったとのことだが、最近の観光客たちの間では、京都の寺社仏閣などといった、「ありきたりのスポット」だけでは飽き足らず、我々日本人もよく利用するカラオケやマンガ喫茶のような日常的な場所にも注目が集まっているようだ。

 さらに、そんな「日本人の日常」を味わう傾向に合わせてか、己の欲望を包み隠さず楽しむ観光客も多いようで、数年前から中国人観光客による風俗利用、いわゆる“性の爆買い”が話題だ。

 外国人(と、いうか主に中国人)による風俗利用に関しては、「嬢に対して強引でマナーが悪い」など、ネガティブな面ばかりが報じられているが、そんな彼らのプレイの内容よりも、気になるのはプレイ前……一体、彼らはどこで日本の風俗を知ったのだろうか?

 まずは旅のお供、旅行ガイドブックを見てみよう。海外で出版されているガイドブックには「売春は伝統的にYoshiwaraか、花街で行われてきたが、最近は“soapland(もともとは“turko”と呼ばれていたが、80年代にトルコ政府の要求の結果、新名称のこちらが定着した)”で、人々の性的な欲求とカネが渦巻いている」(『Culture Smart!』)や、「Kabuki-choは日中はおとなしい街だが、日没後には豹変して、いかがわしいホステスクラブ、ストリップ小屋、ポルノ映画館、のぞき小屋、そして売春宿(“Soaplands”と称される)のネオンライトに火が灯る」(『Insight Guides』)などなど。

 さすがに、海外の書籍なだけあって、風俗店が個別に紹介されることはないが、歓楽街のイメージと、その中に存在する代表的なスポットとして、風俗店が挙げられている。

 そこで、インターネットに目を向けてみると、海外の好事家が作成した『Japan Night Life Guide』などといったタイトルの、Kindle版電子書籍がある。読んでみると、のぞき小屋やストリップなどジャンルの記述が中心だが、ニューハーフ専門店などマニアックな店舗の紹介もあり、また風俗だけでなくクラブやナンパの仕方が紹介されている。

 日本だと「海外夜遊び観光ガイドブック」的な本も出版されているが、その海外版電子書籍といったところか。ただ、これらの電子書籍は、外国人の入店は不可能なピンサロも紹介されているなど、日本国内の風俗ガイドと比べると、実用的ではない。実際に入店できるお店の情報は、どこから仕入れるのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』