>   >   > 日本社会が直面するデジタル革命の理想と現実
連載
クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第48回

【クロサカタツヤ×中西崇文】僕たちはAIにいったい何を期待しているのか? 日本社会が直面するデジタル革命の理想と現実

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1801_P092-094_table001_520.jpg
●自分の職場への人工知能(AI)導入についての賛否
出典:総務省「ICTの進化が雇用と働き方に及ぼす影響に関する調査研究」(平成28年)より

――花盛りのAIブームは止まるところを知りません。日本を救う頼みの綱として、企業や政府まであらゆる人たちがAIに多大な期待を寄せています。そんな期待にこたえるかのように、AIに関するニュースが毎日々々、山のように流れてきます。これだけAIについて盛り上がっているのは、僕たちはAIに大きな期待を寄せているから。でも、SF映画やアニメに出てくるスゴいAIは、まだまだ実現しないことも僕らは知っている。じゃあ、いったいぜんたい僕たちはAIに何を望めばよいのだろうか。

クロサカ 今回は、とうとう人工知能(AI)がテーマです。ゲストには、AI研究者の中西崇文さんをお招きしました。中西さんは、今の日本のAI議論を、どのように見ていますか?

中西 まず、一般の方の反応を見たくて、ブログなどを分析したんですが、未来を見据えて前向きに語っている人が多かったですね。

1801_S__33611779_230.jpg
すでに家電量販店では投げ売りされつつあるスマートスピーカー。普及の鍵は!?

クロサカ それは意外です。AIに関する情報があふれる中、多くの生活者は、まだ最新のAI技術に触れる機会が限られています。正直、スマホやPCの音声アシスタントやスマートスピーカー【1】がまだまだな状態で、評価できないという人も多いかと思っていました。

中西 私も、もっと悲観的な印象が強いのではないかと思っていました。でも、一般の方はそうじゃない。もしかすると、今の社会全体の停滞感や閉塞感を打ち破ってくれるものだと思っているんじゃないでしょうか。日本人は、元来そういうものが好きじゃないですか。私は工学系ですが、AIのことを語る時に、技術のことだけにしたくない。同じように多くの人たちも、新しい技術が出てきて、日本が勝てる可能性があるとか、やっぱりロボットは日本だろうとか、直感的に明るい兆しを見ているんじゃないかな。

クロサカ これまでの人工知能ブームにしても、ロボットブームにしても、日本にはもともと、こうしたものを受け入れる素地がありますよね。だから今回のAIブームが終わったとしても、この期待はそのまま伸ばしたいですよね。

中西 そうなんです。テクノロジーの観点で見れば、現状でできることは大したことじゃない。もちろん、画像認識技術が人間を上回った【2】のは非常に大きいことですけど、この技術も、まだ直接的に大きな利益を生んでいるわけじゃない。ただ、今の技術がそこまでだったとしても、そこで諦めちゃうとイノベーションは起きないんです。今の技術でできること、できないことを見定めて、その上でどういうふうにビジネスにするかを考え続けないと。そうやっていくと、AIブームもブームじゃなくて、もっと大きな社会全体の流れに持っていけると思うんです。

クロサカ 先日のAIネットワーク社会推進会議【3】で私も指摘したんですが、AIに関して本当にリスクだと思うのは、AIそのものによって引き起こされるトラブルではなくて、ユーザーがAIに飽きてしまうこと。AIが育つのに時間と手間がかかりすぎて人間が待ちきれず、脅威と言われるようなレベルまでにはAIが社会に浸透しない可能性がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』