>   >   > 高須基仁の「全摘」/大手美容外科から独立したスター医師
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」【特別編】

大手美容外科から独立したスター医師が語る「俺、失敗しないので」の本当の意味とは?

+お気に入りに追加

いまや、二重手術くらい受けている子は珍しくない。テレビでも美容整形のCMがあふれ、その需要の高さを感じさせる。それでもネットでは、まるで罪や欺瞞であるかのように、タレントや女優の「整形疑惑」が囁かれる。そんなねじれた時代、業界大手の品川美容外科クリニックのスター医師を経て、愛知県岡崎市に「東京ヒルズクリニック」を開業した杉浦功修氏は何を思うのか。歯に衣着せぬキャラが注目を浴びつつある美容界の新たなカリスマに高須基仁が切り込む!

1801_HPimage_230.jpg
『東京ヒルズクリニック』岡崎院・新宿院の情報はHP〈https://tokyo-hills-clinic.com/〉にて。

高須 もともと品川美容外科クリニックにいらしたんですよね。業界評価も高い有名クリニックですから、いろんな方が来院されたでしょう?

杉浦 そうですね。有名女優やアイドルグループの子もたくさん来院しました。初めは「ちょっとどうかな」という子でも、オペしたら大活躍するようになったという例もたくさんあります。そういった姿を見るのはうれしいですね。AVの子も多いです。顔から手足から全身にする子も。事務所の人が「100万円で、この子をどこまできれいにできますか?」と相談してくることもあります。

高須 いまやプチ整形もあって、一般人の間でも整形に対する抵抗感はなくなりましたね。

杉浦 2000年ごろからプチ整形、注射系が増えて、業界としても大きく伸びました。それまでは“秘め事”とされていたけれど、インターネットによって情報が表に出たことと、美容外科技術、機器の発達がタイミングよく結びついて広がった形です。

高須 儲けたんじゃないですか?

杉浦 調子に乗ってたときは、フェラーリに乗ってヒルズにマンションを買って……。あ、西川史子さんは友人なんですけど、彼女が『恋のから騒ぎ』(日本テレビ)に出ていたころ、「お前、理想の生活をするなら、最低4000万円はないと成り立たないぞ」とアドバイスしたんですよ。彼女を有名にした“結婚相手は年収4000万”の元ネタは私です。

高須 そうなんですか(笑)。しかし、これだけ整形が珍しくない時代になっても、メディアやネットでは相変わらず「整形疑惑」などとタレントが叩かれる。

杉浦 ナンセンスですね。芸能人だろうが一般の子だろうが、美を求める人が美容整形に足を踏み入れないわけがない。これだけクリニックが乱立しているのは、高い需要からです。誰もわざわざ「ここを手術しました」なんて言わないだけ。メディアの考え方は遅れています。

高須 私も女優をお直しして、ヘアヌードでどんと打って出るなんてことをしてた。きれいになって自信をつけてなにが悪いんだと思いますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』