>   >   > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第118回/『デトロイト』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第118回

『デトロイト』――50年間変わらない白人警官による黒人射殺事件

+お気に入りに追加

『デトロイト』

『デトロイト』50年間変わらない白人警官による黒人射殺事件の画像1

自動車産業として栄えた1960年代のデトロイトでは、深刻な人種問題に陥り、黒人の貧困層による不満が爆発していた。やがて、彼らの不満は暴動という形で市内に広がる。そんな中、黒人ボーカルグループが公演のため同市を訪れるも、暴動によりコンサートは中止。市内のモーテルに泊まった彼らを悲劇が襲う……。

監督/キャスリン・ビグロー、出演/ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールターほか。日本公開未定。


『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督の新作『デトロイト』は、今から50年前に起こった「アルジェ・モーテル殺人事件」の真相に迫る強烈な映画だ。

 1967年7月25日、黒人ボーカル・グループ「ドラマティックス」は、コンサートのためにデトロイトを訪れていたが、暴動により公演は中止になった。

 デトロイト暴動は死者43人、負傷者1000人を超え、州軍はおろか、戦車まで出動する事態になっていた。

 デトロイトは自動車産業の街として栄え、1960年までに人口は180万人を超えた。しかし白人たちは郊外の住宅地に一軒家を買い、市の中心部には黒人の貧困層が残った。それに対して市警察は地元の黒人を雇用せず、98%が白人だった。

 白人警官による不当逮捕や虐待が増え、黒人住民の怒りが爆発。警官への投石に始まり、白人が経営する商店への放火や略奪が広がり、警官はこれを暴力で封じようとした。死者の大半は警官に射殺された黒人だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』